メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

南スーダンのがばいばあちゃんの心をうたれた一言

野球人、アフリカをゆく(21)難民生活で孫に教えた生きるための「規律」の大切さ

友成晋也 認定NPO法人アフリカ野球友の会 代表理事

すべてが整然としたコンパウンド

 そんなジュバ市内の中心地近くに、ピーター、ウィリアム、私を乗せた防弾車が着いた。大通りから数十メートル入った未舗装の路地に、トタン板づくりの高い塀に囲まれたコンパウンドがあった。ジュバ市内ではこのコンパウンド方式の住宅が多い。一定の敷地を壁で囲み、その中にいくつかの住居があり、共同生活をしている形式だ。

 「ここに僕のおばあさんが住んでいます」と言いながら、ウィリアムが目立たない小さなドアを押し開いて入ってゆく。私とピーターが続いて中に入った瞬間、目を疑った。

拡大調理場にいるおばあさんとウィリアム。
 五つくらいの質素な佇(たたず)まいの建物が配置されている。土塀で屋根はトタン板。建物に囲まれた中庭の地面は土だ。しかし、その空間は、すべてが整然としていた。隅から隅まで清掃が行き届いている。余計なものは何一つない。

 「ウィリアム、綺麗な敷地だね」。感心して思わず漏らす私に、「おばあさんはきれい好きなんです」と返すウィリアム。「奥のキッチンにおばあさんがいます」といいながらウィリアムが向かう先に、スカーフを頭に巻いた年配の女性が、小屋の中で、座って火を使いながら調理をしている後ろ姿が見えた。

 「おばあさん、〇*%$#▽」と、ジュバアラビックで背中越しになにやら話しかけるウィリアム。「お客さん連れてきたよ。日本人の野球の監督なんだ」と言っている。たぶん。

 すると、振り向いたおばあさんはやおら立ち上がった。その表情は柔和でにこやかながら、背筋がピンとして芯があるように見え、凛(りん)とした雰囲気。どことなく、佐賀県に住んでいた私の父方の祖母に雰囲気が似ていたように感じた。

・・・ログインして読む
(残り:約5135文字/本文:約6937文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

友成晋也

友成晋也(ともなり・しんや) 認定NPO法人アフリカ野球友の会 代表理事

中学、高校、大学と野球一筋。慶應義塾大学卒業後、リクルートコスモス社勤務を経てJICA(独立行政法人国際協力機構)に転職。1996年からのJICAガーナ事務所在勤時代に、仕事の傍らガーナ野球代表チーム監督に就任し、オリンピックを目指す。帰国後、2003年にNPO法人アフリカ野球友の会を立ち上げ、以来17年にわたり野球を通じた国際交流、協力をアフリカ8か国で展開。2014年には、タンザニアで二度目の代表監督に就任。2018年からJICA南スーダン事務所に勤務の傍ら、青少年野球チームを立ち上げ、指導を行っている。著書に『アフリカと白球』(文芸社)。

友成晋也の記事

もっと見る