メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

検察が日本の政治の進化を阻害した

(31)陸山会事件で「虚偽捜査」の標的となった小沢元秘書の石川知裕氏に聞く・上

佐藤章 ジャーナリスト、慶應義塾大学非常勤講師、五月書房新社編集委員会委員長

検察捜査が奪った日本政治の「時間」

 カルロス・ゴーンが国外に逃亡した件は日本国民の憤激を買ったが、反面で伊藤詩織氏の事件に対する警察の対応などを見ると、日本の検警察に対する信頼感はほとんどゼロに近い水準にまで低下してしまったことがよくわかる。

 しかし実は、日本の検察に対する信頼感は、2009年の「陸山会事件」で強引な捜査を進め、罪なき人々を「冤罪」に落とし込んだ時点でほとんど失われてしまったと言っていい。

 「陸山会事件」は「冤罪」を生んだだけではなく、国民が選挙で自ら選択した政権交代を形骸化させ、日本の政治の進化を大きく阻害した。

 その捜査の根底に流れていたのは、国民生活と法を守る「秋霜烈日」の正義感ではなく、検察官僚の中での卑しい出世意識と卑小な自己防衛感情だった。検察本来の歴史的使命からすれば、文字通り「万死に値す」と言ってもいい愚かな捜査だった。

 政界では珍しいほど潔癖な経理システムを持つ小沢一郎の政治団体が、その潔癖さゆえにあらぬ誤解を受け、不勉強な検事たちの疑惑を招いた。

 愚かな捜査の結果、最終的には当然ながら「無罪」が確定したが、この間に失った貴重な時間は、政治家・小沢にとっても日本政治全体にとっても大き過ぎる損失だった。

 その過程を振り返ってみると、起訴を見送った検察は、自らの体面を第一に優先させ、内容を改竄した「虚偽捜査報告書」を検察審査会に送り強制起訴させた。

 さらに民主党の反小沢勢力は「裁判の判決確定まで党員資格停止」という理不尽な結論を出した。小沢の無罪判決が確定したのは2012年11月19日。民主党政権が終わる1か月前だった。

 この事件をめぐっては小沢の秘書だった衆院議員の石川知裕ら3人の元秘書が有罪判決を受けた。政治資金収支報告書への誤記記載が有罪の理由だったが、経理の専門家らによればミスとも呼べない代物で、裁判では商法・会計学専攻の大学教授が石川の記述の方がむしろ正しいと指摘した。

 石川は検察官の聴取、法廷での証言台でも建設会社からの現金受け取りを否定し、現在も否定し続けている。真実はひとつしかない。石川は「冤罪」にもめげず、敗れはしたが2019年4月の北海道知事選に野党統一候補として立候補した。

拡大北海道知事選への出馬を表明した元衆院議員の石川知裕氏=2019年2月8日、札幌市中央区

 そんな石川に直接話を聞いた。レコーダーを置いた場所は、石川が水谷建設から現金5000万円を受け取ったと検察が捏造した東京・赤坂の全日空ホテル(現ANAインターコンチネンタルホテル東京)2階アトリウムラウンジのテーブル。

 コーヒーカップとレコーダーを間に挟んで、細かいことまで質問を続ける私に、石川はひとつひとつ誠実に答え、約3時間のロングインタビューとなった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤章

佐藤章(さとう・あきら) ジャーナリスト、慶應義塾大学非常勤講師、五月書房新社編集委員会委員長

ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職。朝日新聞社では、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部など。退職後、慶應義塾大学非常勤講師(ジャーナリズム専攻)、五月書房新社取締役・編集委員会委員長。著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など多数。共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)、『圧倒的! リベラリズム宣言』(五月書房新社)など。

佐藤章の記事

もっと見る