メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

トランプ再選は民主主義や世界秩序に負の影響をもたらす

インタビューシリーズ・トランプ時代の日米① グレン・S・フクシマ氏に聞く

三浦俊章 朝日新聞編集委員

 戦後日本のあり方を規定してきたのは、アメリカとの安全保障条約である。今年は、その日米安保条約が改定されて今日の形になってから60年。冷戦の時代にソ連の脅威に対抗してスタートした日米安保だったが、1989年の冷戦終結後も、中国の台頭、北朝鮮の核・ミサイル開発という新しい状況への備えとして、日本外交の基軸であり続けている。しかし、2017年のトランプ政権の出現で、状況は大きく変わった。「アメリカ第一主義」を掲げ、ことあるごとに日本の「フリー・ライド(安保ただ乗り)」を非難する大統領の登場は、何を意味するのか。アメリカはどこへ行くのか。日米安保はどうなるのか。

 このインタビュー・シリーズでは、日米の識者に、トランプ時代のアメリカ、そして日米関係の行方を読み解いてもらう。1回目は、1980年代に米通商代表部(USTR)で対日交渉責任者を務めた、米先端政策研究所上席研究員のグレン・S・フクシマ氏に聞いた。(聞き手 朝日新聞編集委員・三浦俊章)

拡大米先端政策研究所上席研究員のグレン・フクシマさん=2020年2月14日、都内(三浦俊章撮す)

グレン・S・フクシマさん 米先端政策研究所上席研究員
1949年生まれ。カリフォルニア州出身の日系3世。スタンフォード大卒、ハーバード大ビジネススクールと同大法科大学院を修了。1985年から90年まで米通商代表部(USTR)で日本を担当。在日米商工会議所会頭、エアバス・ジャパン社長などを経て、2012年から現職。著書には大平正芳賞を受賞した「日米経済摩擦の政治学」など。

民主党は混戦のまま7月の党大会に突入する可能性も

――今年のアメリカ大統領選は、歴史を変える選挙ですね。アイオワ州の党員集会、ニューハンプシャー州の予備選が終わりました。これまでの結果をどう見ていますか。

 民主党の候補者争いには8人残っていますが、実際に指名を得る可能性があるのは6人で、二つのグループに分かれます。進歩派(プログレッシブ)は、バーニー・サンダースとエリザベス・ウォーレンの2人の上院議員。穏健派は、オバマ政権の副大統領だったジョー・バイデン、インディアナ州サウスベンド市長だったピート・ブティジェッジ、エイミー・クロブシャー上院議員、元ニューヨーク市長のマイク・ブルームバーグの4人です。

 意外に苦戦したのはバイデンです。初戦のアイオワ州で4位、ニューハンプシャーではさらに順位を下げて5位と、それ以前の一般の予想を裏切る結果だった。彼が強いとされる黒人票の多い2月29日のサウスカロライナ州の予備選でどれだけ取れるかが勝負です。さらに、カリフォルニア州やテキサス州などの大票田が含まれる3月3日のスーパー・チューズデーで良い結果がでなければ、指名は厳しくなる。

 ウォーレンは、隣のマサチューセッツ州が地盤なのに、そのわりにはニューハンプシャー州で票が取れませんでした。進歩派は、サンダースがリードし、穏健派はブティジェッジとクロブシャーが抜け出しているという構図です。ブルームバーグは、まだ予備選に参戦していないので今は予測困難です。

――今後の展開をどう予測していますか。

 スーパー・チューズデーを経て、たぶん2人か3人に絞られるでしょう。しかし、先頭走者がはっきりしないまま、7月の民主党大会に突入する可能性もあります。穏健派が恐れているのは、サンダースと彼の支持者の動きです。ヒラリー・クリントンと民主党の指名を争った2016年の予備選を思い出してください。サンダース陣営は、勝利の見通しがなくなっても、運動を止めなかった。住宅補助や公立大学の授業料無償化などの看板を下ろさず、訴え続けた。

 サンダースの支持者は、民主党の団結を優先しない。サンダースは、社会主義者を公言しており、過去にはソ連やキューバや中米を訪ねて、アメリカ批判を展開していました。本選挙では、こういう映像を共和党が攻撃に使うでしょう。サンダースが本選挙で強い候補とはとても言えないと思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三浦俊章

三浦俊章(みうら・としあき) 朝日新聞編集委員

朝日新聞ワシントン特派員、テレビ朝日系列「報道ステーション」コメンテーター、日曜版GLOBE編集長などを経て、2014年から現職。

三浦俊章の記事

もっと見る