メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

徹底して情報公開される香港の新型コロナウイルス感染経路

正確な感染状況の情報シェアでリスクを回避

富柏村 ブロガー

 「アモイガーデン」。この香港のマンションの名前はをまだ記憶している人は、日本にも少なくないかもしれない。2003年のSARS疫禍で香港の九龍湾地区にある、香港の典型的な密集型マンション群である淘大花園(Amoy Gardens)で312人ものSARS感染者が出て海外にも大きく報道された。

「そこまでやるか」と驚く情報公開

拡大SARSの大量感染が発生した香港のアモイガーデンのマンション群=2003年4月16日

 敷地面積は東京ドームの4割である2万㎡に30〜40階建てのマンション19棟が寄せ合い約4,800世帯の約1万人が居住する。深刻な感染はとくにE棟に4割が集中。この棟に強度な感染力のある保菌者がおり、下水道管を介して階下に、そして浴室の換気扇からウイルスが近接の棟にも広まっていた。E棟の住民は3月末から10日間、住宅地から比較的距離のある自然活動センターの宿泊施設に強制的に隔離された。

 それから17年。このSARS疫禍の経済打撃で香港の地価は大幅下落したが、その後の中国政府の香港経済テコ入れでアモイガーデンの中古マンション価格も当時の底値から3倍になった、あの時にマンション購入図った人は先見の名があった……などと今では日本円なら億ションの高値にため息の香港だった。そこに武漢を発生源とする新型コロナウイルスの襲来である。

 2003年のSARSは、上述のアモイガーデンE棟で感染源となつた保菌者の他に広州から香港に親戚の結婚式参加で来ていた大学教授など核となる感染者の宿泊先、居住地が明らかで、そこからどういうルートで感染が広まったかも当局は分析しやすく、その情報が逐次、政府やメディアを通じて市民の間に伝達され、自分の感染の可能性など注意喚起に役立った経験がある。

 今回の新型コロナウイルスはSARSほど致死率も高くないのだけが不幸中の幸いだが感染力は強く、しかも感染ルートの把握はSARSより難しい。それでもSARSの経験を活かして、今回も感染情報のシェアが「そこまで公開するか?」と驚くほど徹底している。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

富柏村

富柏村(ふ・はくそん) ブロガー

茨城県水戸市生まれ。1990年より香港在住。香港中文大学大学院修士課程(文化人類学)中退。フリーランスでライターもしていたがネット普及後は2000年からブログで1日もかかさず「 富柏村香港日剩」なる日記を掲載している。香港での日常生活や政治、文化、飲食など取り上げ、関心をもつエリアは中国、台湾やアジアに広く及んでいる。香港、中国に関する記事の翻訳もあり。

富柏村の記事

もっと見る