メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナウイルス感染でフランス人がマスクを…

ヨーロッパに広がる新型コロナウイルスの感染で風俗習慣から政治まで地殻変動が

山口 昌子 在仏ジャーナリスト

目立ちはじめたマスク姿

 テレビのニュースによると、教師が最初に入院したパリ郊外クレーユ公立病院付近では、「死去」のニュースが流れた2月26日午後から住民のマスク姿が目立ちはじめたという。パリ市内では、病院の一部の医師、看護師などを除いて、街中でマスクを着けた人にお目にかかったことはない。

 「マスクをする習慣がない」「なんだか恰好悪い」「息苦しい」「ギャングみたいだ」「持っていない」などの理由で、インフルエンザが蔓延している時でも、パリっ子はもとより、フランス人のマスク姿は皆無だったが、これからは、マスク姿を拝めることになるかもしれない。

 年末年始に帰国のした折に日本から持参したマスクがあるが、私自身も目立ちたくないので、マスクは着けたくないなと思っていた。マスクをしたアジア人の私の周囲からさっと人が引いたら、やっぱり、ちょっと寂しいからだ。

 ヴェラン保健相は26日の会見で、「20万枚のマスクの用意がある」と表明。疫病の専門家もこれに同調し、「マスク着用」の有効性を訴えている。「握手はするな」「手を洗え」「ハグはもってのほか」

・・・ログインして読む
(残り:約2587文字/本文:約3848文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在仏ジャーナリスト

元新聞社パリ支局長。1994年度のボーン上田記念国際記者賞受賞。著書に『大統領府から読むフランス300年史』『パリの福澤諭吉』『ココ・シャネルの真実』『ドゴールのいるフランス』『フランス人の不思議な頭の中』『原発大国フランスからの警告』『フランス流テロとの戦い方』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山口 昌子の記事

もっと見る