メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日本政治のオルタナティヴ

平成政治を問い直す【8】自己変革をも厭わず、未知の領域に足を踏み入れる勇気を持て

大井赤亥 東京大学非常勤講師(政治学)

「革新」は復権するか?

 では、「安倍一強」がもたらす政治の閉塞に対して、55年体制下での日本政治のオルタナティヴであった「革新」は復権するだろうか?

 1990年代以降、

・・・ログインして読む
(残り:約5098文字/本文:約6366文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大井赤亥

大井赤亥(おおい・あかい) 東京大学非常勤講師(政治学)

1980年、東京都生まれ、広島市育ち。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。現在、東京大学の他、法政大学、成城大学、昭和女子大学、東京理科大学で講師を務める。著書に『ハロルド・ラスキの政治学』(東京大学出版会)、共著書に『戦後思想の再審判』(法律文化社)など。

大井赤亥の記事

もっと見る