メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナウイルスに揺さぶられる憲法

法からコードへ アーキテクチャがルールを強いる

塩原俊彦 高知大学准教授

 このサイトに「「サブスク」が世界を変える:「所有=法律」から「利用=コード」へ」を書いた。サブスクの広がりは、「所有」から「利用」へという変化をもたらすが、それは「法律」から「コード」へという変化に対応していると説いた。

 所有権や所有権者を保護するために各種法律が制定され、その法律の執行が国家や自治体の警察などによって保障されるというのが近代国家の前提であった。しかし、所有よりも利用が優先されるようになると、こうした法律に基づく規制ではなく、対象となるサービスを提供する者と享受する者との間の契約ないしコードといったものが重要になる。

拡大Shutterstck.com

 具体的にいえば、サブスクでサービス提供者と個人との間で結ばれるエンド・ユーザー・ライセンス協定(End User License Agreement, EULA)や、クラウドサービス会社が顧客である利用者との間で締結する、どの程度の品質を保証するかを明示したサービスレベル協定(Service Level Agreement, SLA)などがそれにあたる。

 法律は近代国家を構成する国民によって選挙で選ばれた代理人による立法化されるが、契約やコードは当事者間の交渉で決められるから、この「法律」から「コード」へという変化は実に大きな意味合いをもつ。

コードの「横暴」

 具体的に、コードはどんな「横暴」を働いているのだろうか。近く学術誌『境界研究』で公開される拙稿「サイバーとリアルな空間における「裂け目」:知的財産権による秩序変容」のなかでつぎのように例示したことがある。

 「具体的に問題になっているのは、トラクターの修理である。たとえばある農民がジョン・ディアのブランド知られるトラクターの修理をしたいと思っても、その農民がトラクターの修理・修繕を制限するエンド・ユーザー・ライセンス協定(EULA)をジョン・ディア側と結んでいる場合には、農民は勝手にトラクターを修理できない。そもそも勝手に手を加えると、トラクターそのものが停止してしまう。修理するには、ジョン・ディア側が認証するサービス業者に依頼するしかない。その場合、高額の費用がかかるだけでなく、迅速な対応を期待でいないという事態が待ち構えている。」

 こうした「身勝手な横暴」にみえることが相互に合意したコードのもとで可能となっている。技術的な高度化がコードを通じて、その技術を用いてサービス提供するものと享受するものとのルールが定められるのだ。法律は技術変化についていけず、後追いになるだけで、取引ルールは「契約からコードへ」、国家レベルでは、「法からコードへ」という変化が生じる。それを技術が促していることになる(小塚荘一郎著『AIの時代と法』)。

 この場合の「コード」は「アーキテクチャ」と言い換えることができる。アーキテクチャはもともと建築を意味する言葉だが、ここでは技術がつくり出す枠組みのようなものを意味している。この枠組みがルールを強いるのであり、それは民主的手続きに基づいて制定される法律といったルールとはまったく別のものだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

塩原俊彦

塩原俊彦(しおばら・としひこ) 高知大学准教授

1956年生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。学術博士(北海道大学)。元朝日新聞モスクワ特派員。著書に、『ロシアの軍需産業』(岩波書店)、『「軍事大国」ロシアの虚実』(同)、『パイプラインの政治経済学』(法政大学出版局)、『ウクライナ・ゲート』(社会評論社)、『ウクライナ2.0』(同)、『官僚の世界史』(同)、『探求・インターネット社会』(丸善)、『ビジネス・エシックス』(講談社)、『民意と政治の断絶はなぜ起きた』(ポプラ社)、『なぜ官僚は腐敗するのか』(潮出版社)、The Anti-Corruption Polices(Maruzen Planet)など多数。

塩原俊彦の記事

もっと見る