メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「韓流」に「日流」が追いつく日/「JO1」「Nizi Project」に未来を見る

DJ古家正亨が語るウラオモテ(下)

市川速水 朝日新聞編集委員

――前回の『韓流と「反日」と政治の微妙な関係を解剖する~DJ古家正亨が語るウラオモテ(中)』は、なんだか暗く終わりましたね。日韓の政治・外交が韓流に影響するばかりでなく、韓国のファンとスターの距離にも深刻な問題があることが分かりました。

 最終回では、韓流の魅力の神髄とは何か、そして韓流の流れが発展していくのか、そこに日本がどう絡んでいくかを考えたいと思います。まず、改めて2003年以来の「冬のソナタ」人気の本質について振り返ってください

古き良きものを捨てた日本の「奢り」

 「いまだに『なぜ冬ソナは、あんなに日本で流行ったんだろうね』とよく韓流の仕事仲間の間で話題になります。そんな爆発的な人気を掘り下げていくと、日本でドラマを作っている人たちの『奢(おご)り』への、視聴者の反動もあったような気がします。

拡大「赤いシリーズ」で俳優としても大スターに駆け上がった山口百恵
 僕は昔、大映テレビが制作していた一連の『大映ドラマ』が大好きでした。1970年代に、TBSと大映テレビが共同制作した『赤いシリーズ』がよく知られていますが、このほかにも『スクールウォーズ』や『スチュワーデス物語』、『スタア誕生』など80年代に数々の名作を送り出しました。主人公には常に逆境があり、ありえない事故や過剰ともいえる演出など、基本的に韓流ドラマは、大映ドラマの影響をかなり受けているような気がします」

――韓流の原点の一つが日本のドラマにあると。なぜ日本は変わったのでしょう

 「日本では1980年代後半からフジテレビを中心に、いわゆる『トレンディ―ドラマ』と言われる、バブル景気に影響を受けた洗練された作品が人気を博し始めました。すると、ベタともいえる展開のドラマを『古臭い』と感じる人が増えてきたわけです。

 ところが、当然そんなベタな作品を好きな人も多いはずなのに、ドラマ界ではそんなベタさを避けて、洗練された作品作りにひた走るようになっていきます。視聴率至上主義に陥っていくテレビ界において、それは当然の流れだったのかもしれません。

 時代劇だって、確実にニーズはあるはずなのに、今日本ではほとんどオリジナル時代劇が制作されなくなってしまいました。やはりその背景にも視聴率の問題があります。ただ、当時の僕を振り返ってみると、僕はどちらかと言えばベタ派だったので、トレンディ―ドラマに対するアンチテーゼが、心のどこかにあったのかもしれません。

 でも、そういった人は僕だけではなかったはずです。要はベタでも見せ方次第で、新しい価値を持たせることは可能だったと思うんですね。

 例えば韓国では今でも数多くの時代劇が作られていますが、王道の時代劇ではなく、そこにラブコメやタイムスリップものの要素を加えたり、医療ものや刑事ものといったジャンルと融合させたりするなど、新しい価値をどんどん生み出して、いつの時代にも時代劇は人気を博しています。

 先の話に戻ると、そんなベタなものが古いと言われていた時代に、『冬ソナ』のような、恐ろしいほどベタな展開のドラマが現れた。未知の言語にも関わらず、イケメンと美女が分かりやすい感情表現と心をつかむ情緒豊かな音楽で、その世界、つまり大映ドラマ的な世界を20年後の2000年代に蘇らせた。

 そして、僕のようなそんな世界観が大好きで、その時代に青春を謳歌した人々に、もう一度その良さ、素晴らしさを提供したことで、一気に人気に火が付いた。心動かされた人が多かったのではないでしょうか。

 ただ、そこに科学的分析を加えようとすると限界があるように感じますが、底流にはアジア人共通の何かというものがあったはずです。郷愁なのか、懐かしさなのか、情なのか、分かりませんが。その意味で、『冬ソナ』の存在とヒットはエポックメーキングとして日韓関係の20年振り返った時、大変大きなインパクトだったと思います。

 そして今、『冬ソナ』に匹敵するかどうかはわかりませんが、新たな動きが出てきています」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る