メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

在日米軍の「特権」を定めた日米地位協定の60年越しの問題(上)

東京の一等地にある赤坂プレスセンターとは? 北海道の空を縦横に飛ぶオスプレイ

山本章子 琉球大学准教授

東京の一等地にある占領軍遺産

 東京都港区。近隣に青山霊園や新国立美術館、政策研究大学院大学が広がる一等地を、大きなヘリポートが占める。米陸軍の施設、赤坂プレスセンターだ。在日米軍は「ハーディ・バラックス」と呼ぶ。

 もとは旧日本陸軍駐屯地だったが、太平洋戦争に敗戦した日本を占領した連合国軍に接収されて以来、ヘリポートや米軍幹部の宿舎、米軍準機関紙「スター・アンド・ストライプス」の社屋などがおかれている。

 ヘリポートは、アメリカの要人が、米空軍横田基地(東京都)や米海軍厚木基地(神奈川県)などと、東京の中心部を移動する際に使われる。2019年5月にドナルド・トランプ米大統領が来日した際も、赤坂プレスセンターからヘリで首都圏を移動した。2007年には歌手のマイケル・ジャクソンが、米陸軍キャンプ座間(神奈川県)を慰問する折、赤坂プレスセンターを利用している。

 赤坂プレスセンターの宿舎には、米軍関係者であれば誰でも宿泊できる。一室に2部屋あり、3人まで泊まれる。寝室はクィーンサイズのベッドが2つ。居間にはテレビとソファ、テーブル、冷蔵庫。大きなシャワールームとトイレがまた別にある。各階に自販機と洗濯室が設置され、一階には円とドルの両替ATM機。さらに、コンチネンタルブレックファストの朝食サービスもついて、一泊約50ドル前後という破格の値段だ。

 赤坂プレスセンターの維持費は、「思いやり予算」でまかなわれている。思いやり予算とは、軍用地代や空港・港の使用料をのぞいて、在日米軍駐留経費は米側が負担するという日米地位協定第24条の規定に反し、日本政府が負担する米軍駐留経費のことだ。

 2020年7~8月に東京五輪が開催されれば、その時期に六本木で一泊約6000円前後のホテルを探すのは不可能だろう。だが、日本人の税金で維持されている赤坂プレスセンターに泊まる米軍関係者は、その限りではない。

 赤坂プレスセンターの近隣住民は、米軍ヘリの離発着による騒音や臭気に長年苦しんでおり、港区が2004年から施設の撤去を要請している。しかし、在日米軍が拒否していることから、日本政府は「在日米軍にとって、都心における唯一の人員輸送の拠点としての重要性を持っており、この施設の全面的な返還は困難」との立場だ。

拡大アジア宇宙航空研究開発事務所(AOARD)や海軍研究事務所(ONRG)東京オフィスが入る米軍施設「赤坂プレスセンター」=東京都港区六本木

岡崎・ラスク交換公文が抱える問題

 このように東京の一等地に米軍専用施設が存在するのは、占領の「負の遺産」だ。

 1951年、日本はサンフランシスコ講和条約と同時に、日米安保条約を締結。翌52年に独立を回復する。日米安保条約は、日本の独立回復によって、占領軍だった米軍が同盟国軍に名を変え、ひきつづき日本に駐留するという内容だった。このときの日米間の争点の一つに、連合国軍が日本進駐の際に接収した施設を、いったん返還させたうえで、あらためて日本から米軍へと提供するかどうかという問題があった。

 米軍は、旧日本軍基地のほかに、連合国軍司令部として皇居前の第一生命館を接収。また、帝国ホテルや第一ホテル、聖路加国際病院や同愛記念病院、そごうや松屋、両国国技館や神宮球場、大学、住宅、港湾施設、倉庫など首都圏の施設を大量に占拠していた。日本政府は、独立の回復とともにこれらを返還するよう米側に求める。

 しかし、米政府は、米軍がひきつづき使いたい施設については、サンフランシスコ講和条約の発効後90日以内に日米合同委員会で協議し、両国が合意できない場合には暫定的に使用できるルールを要求。これは、講和条約の発効後90日以内に占領軍は退去するという、講和条約第6条の規定に反していた。結局、日米地位協定の前身である日米行政協定とは別に、岡崎勝男外相とディーン・ラスク国務次官が交換公文を取り交わす形で、米側の要求は通る。

 この岡崎・ラスク交換公文の問題点は、

・・・ログインして読む
(残り:約2663文字/本文:約5047文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山本章子

山本章子(やまもと・あきこ) 琉球大学准教授

1979年北海道生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。2020年4月から現職。著書に『米国と日米安保条約改定ー沖縄・基地・同盟』(吉田書店、2017年)、『米国アウトサイダー大統領ー世界を揺さぶる「異端」の政治家たち』(朝日選書、2017年)、『日米地位協定ー在日米軍と「同盟」の70年』(中公新書、2019年)など。

山本章子の記事

もっと見る