メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナウイルス禍、安倍首相の「記者会見もどき」

[179]福島原発、首相記者会見、『サマショール』ポストトーク……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

ウイルス禍をやればやるだけ数字が上がる?

2月27日(木) 世の中はウイルス禍で一部がパニックに陥っているようだ。マスクやトイレットペーパーが買い占めに走られて品切れになっているという。会社組織でも、「テレワーク」という名の自宅待機措置が取られているが、ただ、ライフラインに関わっている人々は現場で働かないと社会が回っていかないのだ。病院とか介護とか消防とか原発の廃炉作業員とか。オンラインでは代替できない。こういう時こそ冷静に日常を過ごさなければならないな。

 津久井やまゆり園事件の植松聖被告は

・・・ログインして読む
(残り:約2819文字/本文:約5543文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『抗うニュースキャスター』(かもがわ出版)、『漂流キャスター日誌』(七つ森書館)、『筑紫哲也『NEWS23』とその時代』(講談社)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

金平茂紀の記事

もっと見る