メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナに挑む民主主義 メルケル独首相「第2次大戦以来の挑戦」演説の心髄

「静穏な生活は国民の任務」「苦難の時には寄り添いたいものだが、反対のことを」

藤田直央 朝日新聞編集委員(日本政治、外交、安全保障)

拡大コロナ問題で国民に向けテレビ演説するドイツのメルケル首相=ドイツ政府HPより

 世界中を揺るがす新型コロナウイルスの感染拡大。ドイツのメルケル首相は3月18日の演説で、「第2次世界大戦以来の挑戦」と呼んで注目されたが、その心髄は「私たちは民主主義社会です」という国民への呼びかけにある。ひとりひとりが果たすべき「任務」をリアルに語って理解を求め、ともに感染拡大を抑えようと説いた演説の全容を読み解く。

異例のテレビ演説

 メルケル氏はベルリンの首相官邸から13分弱、窓の外の国会議事堂をバックに、テレビ演説の形で訴えた。

 2005年以来の長期政権だが、特定の問題で国民に直接訴える演説は異例だ。動画やテキストはドイツ政府のHPでこの通り公開されている。

【動画】コロナ問題でのドイツのメルケル首相の国民への演説

【英訳テキスト】コロナ問題でのドイツ・メルケル首相の国民への演説

 ドイツではまだ、コロナの感染者が出ていなかった2月、私は取材でベルリンなどドイツ各地を訪れていた。テーマはナチズムへの反省に基づく戦後ドイツの民主主義だった。日本へ戻ると、ドイツでも一気にコロナ問題が深刻化した。そんな経緯から、私はメルケル氏の演説に強い関心を抱いた。

 演説の内容は、コロナ問題に民主主義国家がいかに向き合うかについて、ドイツはもちろん、日本のあり方を考える上でとても示唆に富むものだった。ドイツ政府の英訳テキストを基本に私が和訳したものを、読み解きを加えつつ紹介する。

拡大ベルリンのブランデンブルク門=2月、藤田撮影

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤田直央

藤田直央(ふじた・なおたか) 朝日新聞編集委員(日本政治、外交、安全保障)

1972年生まれ。京都大学法学部卒。朝日新聞で主に政治部に所属。米ハーバード大学客員研究員、那覇総局員、外交・防衛担当キャップなどを経て2019年から現職。著書に北朝鮮問題での『エスカレーション』(岩波書店)

藤田直央の記事

もっと見る