メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

トランプから同盟破棄を突きつけられる恐怖

第4部「揺らぐ同盟―究極の取引至上主義」(2)

園田耕司 朝日新聞ワシントン特派員

「見捨てられ」の恐怖広がる

 クルド人勢力の「見捨てられ」は中東地域の話だけにとどまらない。米国と同盟・友好関係を結ぶ世界中の国々に衝撃を与えた。

 トランプ氏は米軍を海外に駐留させる前方展開戦略については「カネの無駄遣い」だと考え、海外駐留米軍の駐留経費や国防費をめぐる同盟国の負担割合が米国と比べ「不公平だ」と非難してきた。ただ、これまでのトランプ氏の言動は「同盟軽視」ではあったが、同盟相手を見捨てるという具体的な行動までは踏み出していなかった。

 同盟には常に「巻き込まれ」と「見捨てられ」の恐怖がつきまとう。

・・・ログインして読む
(残り:約1166文字/本文:約3728文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

園田耕司

園田耕司(そのだ・こうじ) 朝日新聞ワシントン特派員

1976年、宮崎県生まれ。2000年、早稲田大学第一文学部卒、朝日新聞入社。福井、長野総局、西部本社報道センターを経て、2007年、政治部。総理番、平河ク・大島理森国対委員長番、与党ク・輿石東参院会長番、防衛省、外務省を担当。2015年、ハーバード大学日米関係プログラム客員研究員。2016年、政治部国会キャップとして日本の新聞メディアとして初めて「ファクトチェック」を導入。2018年、アメリカ総局。共著に「安倍政権の裏の顔『攻防 集団的自衛権』ドキュメント」(講談社)、「この国を揺るがす男 安倍晋三とは何者か」(筑摩書房)。メールアドレスはsonoda-k1@asahi.com

園田耕司の記事

もっと見る