メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

安倍官邸と大違い! 韓国大統領府ホームページの驚異の「民主化」力

市民が大統領府ホームページで賛同を呼び掛ける「請願システム」が面白い

藏重優姫 韓国舞踊講師、日本語講師

 今日(4月6日)の日本のANNで「世論の高まりに押されての緊急事態宣言だ」というニュースが流れてきた。また、政府の後手な感じが否めない。

 私は、韓国に住んでいる。コロナ生活3か月目。考えれば恐ろしい事だが、私の子どもも12月末からずっと学校へは行ってない。

 コロナ事態では、韓国の方が「色々な側面で日本より早い」ので、日本を客観的に見ることが出来るなあと感じている。この事態に関して私ができることは、韓国での状況を感じたままに知らせることなので、今更であるが、気負わないで読んで頂きたい。

拡大公園には「コロナの症状があれば1339、コロナで精神的相談が必要なら1388。まずは電話を」という横断幕も=ソウル市内、筆者撮影

行政のコロナ発表が充実している韓国

 振り返って考えると、「中国の習近平さんの来日中止」か・ら・の、学校休校。「オリンピック延期」か・ら・の、感染者急増。

 海外では、日本のこのシナリオと今の状況はずっと前から報道され、よく知られていたことだ。そんな中、日本の特に地上波は、いつまで経ってものほほんとした報道であった。

 そして、最近のコロナ一色の地上波の報道。志村けんさんの訃報と重なり、急に緊迫感が出てきた。

 2か月半前、韓国では、報道番組が追いつけないほど、政府や行政からのブリーフィングが連日行われていた。テレビは政府や行政のブリーフィングの嵐だった(前回記事『家族4人で24時間一緒に過ごす「コロナ生活」@ソウル』参照)。その後に各局が手配した専門家の意見、そして、憶測や町の状況、市民へのインタビューが流れ出す。

 このような情報の伝達がコロナ事態では有益ではないのだろうか。

 政府のブリーフィングがちゃんと先行しない限り、専門家ではないMCやコメンテーターの意見、町の人の様子などを伝える等々のコロナ19関連の報道は、視聴者に印象だけを与えてしまう。つまり恐怖や不安だけを煽りかねない。

 そこらへんが日本は順番がぐちゃぐちゃだ。長期在職を狙う安倍政権にとっては、この印象操作は先手なのか? 後手なのか? 私が穿ち過ぎなのか?

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藏重優姫

藏重優姫(くらしげ・うひ) 韓国舞踊講師、日本語講師

日本人の父と在日コリアン2世の間に生まれる。3歳からバレエ、10歳から韓国舞踊を始め、現在は韓国にて「多文化家庭」の子どもを中心に韓国舞踊を教えている。大阪教育大学在学中、韓国舞踊にさらに没頭し、韓国留学を決意する。政府招請奨学生としてソウル大学教育学部修士課程にて教育人類学を専攻する傍ら、韓国で舞台活動を行う。現在、韓国在住。日々の生活は、二児の子育て、日本語講師、多文化家庭バドミントンクラブの雑用係、韓国舞踊の先生と、キリキリ舞いの生活である。

藏重優姫の記事

もっと見る