メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナの在宅勤務でおすすめしたい本とRPG

コロナ禍が抱える問題を考えるよすがになる古今東西の名著を紹介すると

曽我豪 朝日新聞編集委員(政治担当)

ルポルタージュとして読める古の名随筆

「方丈記」(鴨長明著 現代語訳と注 安良岡康作 講談社学術文庫)

拡大『方丈記』(鴨長明著 現代語訳と注 安良岡康作 講談社学術文庫)
 言わずと知れた鎌倉時代の名随筆だが、古典の授業で覚えさせられた時とはまるで違って、ルポルタージュとして読んでしまえる自分に驚かされる。

 有名な出だし、「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」にしても、古(いにしえ)の無常観などでなく、実感に似たものを感じてしまう。とりわけ、疫病に襲われた都の有り様を記したくだりは、現実感をもって今の胸に迫る。

 平安時代の末から鎌倉時代にかけては、安元の大火、治承の辻風(竜巻)、養和の飢饉、元暦の地震と災厄が続いた時代だった。なかでも養和2(1182)年は、「もとのように回復するだろうかと思っているうちに、そのうえに、流行病が加わって、いっそうひどくなる一方で、昔の平穏な状況の痕跡もない」と記される。「わずかしかない水に苦しむ魚」のたとえが何とリアルに響くことか。

 しかも、全国の死者数が、いわば都の実態調査を元に想像されるのだ。仁和寺の僧が死人が目に入るたび額に阿字を書いていたといい、「四、五月の二ヶ月」分を計算したところ、京都の「左京の範囲内」だけで「四万二千三百あまりもあった」と記す。そして、期間を限らず全国を加えたら、「どれほどになろうか」と嘆く。

 被害規模や時代状況など違いは当然あるとはいえ、今日の我々が直面するのもまた、最終地点が見通せぬ新型コロナウイルスの目に見えぬ脅威である。

コレラ感染の危機を救った3人の男

◇「感染地図 歴史を変えた未知の病原体」(スティーヴン・ジョンソン著 矢野真千子訳 河出文庫)

拡大『感染地図 歴史を変えた未知の病原体』(スティーヴン・ジョンソン著 矢野真千子訳 河出文庫)
 カミュの「ペスト」や小松左京の「復活の日」など、今日の事態により再脚光を浴びた本は多いが、これは米国の著名なコラムニストによるノンフィクションであるうえに、ミステリー仕立ての構成が巧みで、極上の読み物になっている。

 いまだコレラ菌が発見されていなかった19世期中葉のロンドンの貧民街で、コレラ感染が爆発的に広がる。その危機を救ったのは、医師と牧師、戸籍係の3人の男だった。

・・・ログインして読む
(残り:約2145文字/本文:約3577文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

曽我豪

曽我豪(そが・たけし) 朝日新聞編集委員(政治担当)

1962年生まれ。三重県出身。1985年、東大法卒、朝日新聞入社。熊本支局、西部本社社会部を経て89年政治部。総理番、平河ク・梶山幹事長番、野党ク・民社党担当、文部、建設・国土、労働省など担当。94年、週刊朝日。 オウム事件、阪神大震災、など。テリー伊藤氏の架空政治小説を担当(後に「永田町風雲録」として出版)。97年、政治部 金融国会で「政策新人類」を造語。2000年、月刊誌「論座」副編集長。01年 政治部 小泉政権誕生に遭遇。05年、政治部デスク。07年、編集局編集委員(政治担当)。11年、政治部長。14年、編集委員(政治担当)。15年 東大客員教授

曽我豪の記事

もっと見る