メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

政党はコロナによる政治危機にどう立ち向かうべきか

山口二郎 法政大学法学部教授(政治学)

拡大新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、緊急事態宣言の対象区域拡大について発言する安倍晋三首相(右から2人目)=2020年4月16日、首相官邸、諫山卓弥撮影

1 統治能力の喪失

太平洋戦争末期に似るコロナ対策

 3月下旬に安倍晋三首相が東京オリンピックの延期という「英断」を下した直後から、日本における新型コロナウイルスの蔓延は急速に悪化し、7都府県の緊急事態宣言、さらに全国的な緊急事態宣言の決定となった。日本の場合、欧米諸国のようなロックダウンに至っていないので街の人出は減ったものの市民生活はかなり平常に近い。

 しかし、医療現場では崩壊現象が進んでいる。SNSに現れる悲痛な声を読むと、吉田裕氏の『日本軍兵士』(中公新書)で読んだ太平洋戦争末期の帝国陸軍の惨状と同じ構造が見える。医療用の資材が底をつき、マスクを使いまわすとか雨がっぱを防護服の代わりにする話は、食料、武器、弾薬なしで戦わせたインパール作戦と同じである。感染の危険にさらされる状況で医師や看護師に仕事をさせるのは、特攻作戦の発想である。無給研修医の大学院生を治療の現場に駆り出すのは学徒出陣に、一時帰休の全日空の女性職員に防護服の縫製のボランティアを押し付けるのは勤労動員に重なる。一世帯に布マスク2枚を配布して感染を防げというのは、竹やりで米軍と戦う防空訓練を想起させる。休校中の子供が公園で遊んでいるとか、花見をしている人がいるとか110番で通報する人がいるのは、隣組根性の復活か。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口二郎

山口二郎(やまぐち・じろう) 法政大学法学部教授(政治学)

1958年生まれ。東京大学法学部卒。北海道大学法学部教授を経て、法政大学法学部教授(政治学)。主な著書に「大蔵官僚支配の終焉」、「政治改革」、「ブレア時代のイギリス」、「政権交代とは何だったのか」、「若者のための政治マニュアル」など。

山口二郎の記事

もっと見る