メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

ウイルスが我々に問いかけているもの(2)(続)グローバル化

グローバル化の何が問題か

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大ホワイトハウスで国家非常事態を宣言するトランプ大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影

 前回、「世界がグローバル化する」のに、「国際社会がグローバルな対応を取れない」ところに問題がある旨述べた。

 「世界のグローバル化」自体は、資本主義の当然の帰結だ。資本主義は効率を追求する。効率のためには「仕切り」はない方がいい。モノもヒトも自由に行き来する方が効率が上がり、従って利益が増える。冷戦期、政治的思惑からこの流れが遮断された。冷戦終結後、一気にグローバル化が進んだのは、政治的思惑が取り払われ、資本主義の論理が自然の流れに沿って押し進められたからに他ならない。従って、グローバル化はこの先も押し止められることはない。世界は、ますます一体化し緊密化する。

国際社会は一丸となって対応を

 コロナは今回、「グローバル化する世界」が「グローバルに対応できない」ことを改めてあぶり出した。本来、「グローバルな問題」には「グローバルな対応」が必要だ。これだけのスピードでウイルスが世界を駆け抜けている。各国がそれぞれの思惑で国境を封鎖し「島国化」するのではなく、一丸となって何をなすべきか考える必要がある。鎖の弱い部分である途上国に対し、国際社会は一体となって支援すべきだし(そうしなければ先進国自身がウイルスの脅威にさらされる)、マスクや防護服の生産と配布、ワクチンや治療薬の開発も、もっと緊密な国際協力があってしかるべきだ。

 国際社会が一体となってグローバルな問題に対応できないとの事実は、何もコロナだけに見られることではない。例えば温暖化対策がいい例だ。

 温暖化も、問題がグローバルであり、一国で対応できるものではない点で同じだ。問題が手遅れにならないうちに手を打たねばならず、科学者の知見が必要とされることも似る。各国の産業化の進展が、地球全体の温度上昇をもたらした。だから、国際社会は一体となって、対策を講じていかなければならない。温暖化対策を熱心に進める国がありながら、他方で、それに無頓着な国があってはならない。それでは成果が望めないというのが、グロバル・イッシューのグローバルな所以(ゆえん)だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

花田吉隆の記事

もっと見る