メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

北朝鮮をめぐる「誤報」のメカニズム

金正恩委員長「重体説」、その背景と影響を専門家が読み解く(上)

箱田哲也 朝日新聞論説委員

事実でない情報が世界を駆け巡る

拡大北朝鮮西部の平安南道で2020年5月1日、竣工した順川リン酸肥料工場を視察する金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が2日に配信した=朝鮮通信

拡大元公安調査庁第2部長の坂井隆さん
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長は手術を受けた、いやすでにこの世にいないのではないか――。

 4月中旬以降、いろんな情報と報道が入り乱れた。5月に入ってまもなく、本人の動静が報じられ、事態は収束しつつある。久しぶりに現れた金正恩氏の映像を見る限り、とても重篤とは思えない。誤報の数々を見ると、事実でない情報や分析を提供したのは、日米韓などの「政府関係者」や北朝鮮「関係筋」たちのようだ。とすれば、その関係者や関係筋は、実は北朝鮮に精通していないのか、あるいは、みんなに虚言癖があるのか。

 内部が見えにくい北朝鮮に関する報道には誤報がつきもの、とはいえ、なぜこんなことが起きるのか。日本政府内で長年にわたり北朝鮮情報に触れ、分析を続けてきた元公安調査庁第2部長の坂井隆さんに聞いた。

さかい・たかし 1951年生まれ。公安調査庁で長年、北朝鮮分析にあたり2012年に退官。共著に『独裁国家・北朝鮮の実像』(2017年、朝日新聞出版)など。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

箱田哲也

箱田哲也(はこだ・てつや) 朝日新聞論説委員

1988年4月、朝日新聞入社。初任地の鹿児島支局や旧産炭地の筑豊支局(福岡県)などを経て、97年から沖縄・那覇支局で在日米軍問題を取材。朝鮮半島関係では、94年にソウルの延世大学語学堂で韓国語研修。99年からと2008年からの2度にわたり、計10年、ソウルで特派員生活をおくった。13年4月より現職。

箱田哲也の記事

もっと見る