メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナウイルスとの戦い、「世界最大の民主主義国家」インドを忘れまい

世論を無視できず封鎖を緩和。感染者は増え続け、「巨象」はもがく

藤原秀人 フリージャーナリスト

新型コロナウイルス感染拡大に伴うインド国内封鎖のイメージ。shutterstock.com拡大shutterstock.com

 柄にもなくインドのことを考えている。

 直接関わりのない事象に問題意識を持つのは、私のような凡人には難しい。それでも、24年ぶりにインドを訪れたことで、この人口13億余りの大国が、新型コロナウイルスとの戦いに、もがき苦しむ姿から目を背けることができなくなった。

 新型ウイルス発祥の「世界最大の独裁国」中国は、共産党による「人民戦争」で国民を統制、動員して感染拡大を抑え、逆に感染対策で各国を支援する「マスク外交」に打って出るまでに「回復」した。中国に次ぐ人口のインドは3月25日に全土封鎖措置を始めたが、感染者の増加に歯止めがかからず、5月3日まで再延長されていた封鎖措置は4日、「ロックダウン3.0」として、さらに17日まで2週間延びることになった。「巨大な象」の苦闘は、言論の自由があり野党も存在する「世界最大の民主主義国」の戦いだからだとも思う。

コロナウイルスへの注意を呼び掛ける看板=3月、ムンバイで藤原秀人撮影拡大コロナウイルスへの注意を呼び掛ける看板=3月、ムンバイで藤原秀人撮影

24年前に触れた自由と貧しさ

 私は新聞社の北京特派員をしていた1996年にインドを訪れた。当時の江沢民・中国国家主席の訪問に同行するためだった。中国元首初めての訪印で、1962年の国境紛争の後遺症から対立しがちだった両国関係の転機となる歴史的な出来事といえた。

 あの時、個人的にはニューデリーの街並みに当局の宣伝看板が少ないことが新鮮だった。北京では「団結」や「統一」「精神文明」など共産党のスローガンを掲げた看板や垂れ幕があちこちにあったからだ。もっと驚いたのが、インドのジャーナリストたちが私たち同行の日本人記者を前にして、「中国は覇権国家」と批判するだけでなく、「江主席訪問を受け入れたのは時期尚早だ」などと政府批判を繰り広げたことだった。大げさだが、中国にはない「言論の自由」を実感した。

 そして、道路をひたすら歩く人が目立った。バスや電車の混雑を避けているのかと思ったら、「交通費がないからだ」と知り合ったインド人ジャーナリストから教えられた。歩いていても、車に乗っていても、物乞いに付きまとわれた。「中国人か」と尋ねられ「日本人だ」と答えると握手を求められ、「日本はいい国だが、それにひきかえ中国は……」と返ってくる。日中関係でもそうだが、戦火を交えた歴史は忘れられないのだと思った。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤原秀人

藤原秀人(ふじわら・ひでひと) フリージャーナリスト

1980年、朝日新聞社入社。外報部員、香港特派員、北京特派員、論説委員などを経て、2004年から2008年まで中国総局長。その後、中国・アジア担当の編集委員、新潟総局長などを経て、2019年8月退社。2000年から1年間、ハーバード大学国際問題研究所客員研究員。

藤原秀人の記事

もっと見る