メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ危機で加速する米中経済の分離/「冷戦」は「熱戦」に変わるのか?

第6部「トゥキディデスの罠―経済ナショナリストに率いられた大国間競争」(5)

園田耕司 朝日新聞ワシントン特派員

 経済的・軍事的な台頭著しい中国に対抗し、ニクソン訪中以来の「関与政策」を終結させ、「競争政策」を始めたトランプ政権。その対中政策は、経済ナショナリストとして中国に貿易戦争を仕掛けるトランプ大統領個人の意思と、中国を抑え込もうと大国間競争を仕掛ける米国としての国家意思から成り立つ。米中両大国の深まる対立は「新冷戦」と呼ばれ、強い結びつきがあったはずの米中経済には分離(デカップリング)の様相も見せ始める。世界を不安定に陥れる米中対立の今を検証する。

孔子学院、続々閉鎖

 米中が覇権を競い合う中、米国内では中国のソフトパワーの自国への浸透を恐れる動きも起きている。

 中国人講師の陳蒙氏がスライドで中国語の文章を示し、「発音しましょう」と呼びかけると、10人余りの学生が「私は旅券を持って大使館に行きました」と中国語で読み上げた。

 2019年5月6日、米カリフォルニア大サンタバーバラ校(UCSB)。中国語初級の授業のひとこまだ。

 陳さんの授業は孔子学院のプログラムの一環だ。孔子学院とは、中国教育省傘下の国家漢語国際推進領導グループ弁公室(漢弁)が世界各地の大学などと連携して運営する教育機関。中国語教育や中国との文化交流を行う。

 中国政府の国家プロジェクトとして2004年に開始。ホームページによると、2018年12月末現在で147カ国・地域に計548校開設。米国には最多の105校、日本には15校ある。

 UCSBも2014年、孔子学院本部(北京)と合意し、同校に孔子学院を開設。本部から中国語教科書3千冊と資金15万ドルの提供を受けた。陳氏は中国から派遣され、給与は本部が負担する。

 「私たちの大学は公立校であるため、財政は限られる。陳氏の存在にはとても助けられている」

 UCSBで孔子学院を担当するメイフェア・ヤン教授はこう語った(メイフェア・ヤン氏へのインタビュー取材。2019年5月6日)。ヤン教授によれば、同学部所属の中国語講師は3人だけ。陳氏が年間5~6クラスを受け持つことで、より多くの学生に中国語の授業を提供できるようになったという。

 米国内の孔子学院の設置は2005年3月のメリーランド大を皮切りに始まり、UCSBを含め世界最多の120校近くにのぼった。ところが最近、米国内の孔子学院が続々と閉鎖するという異変が起きている。

 全米学者協会(NAS)の調べによれば、閉鎖数は2014~16年まで3校だったが、トランプ政権発足後の2017年は1年間で3校、2018年は8校、2019年は17校と急増。2020年は5月現在ですでに7校にのぼる(Peterson, Rachelle. “Confucius Institutes in the US that Are Closing.” National Association of Scholars May 2020.)。

拡大大統領執務室で中国の劉鶴副首相(右)と会談するトランプ大統領と政府高官たち=ワシントン、ランハム裕子撮影、2019年1月31日

 背景には「中国は米国の知的財産を盗んでいる」という批判が高まり、孔子学院を「国家安全保障の脅威」とみる事情がある。

 2018年8月に成立した国防権限法では、米国防総省が資金を出す中国語講座「フラッグシッププログラム」について孔子学院関連を対象外にするという条項を盛り込んだ。この結果、孔子学院を閉鎖する大学が相次いだ。

 こうした動きに、ヤン教授は「中国政府から『こう言え、ああ言え』と指示されたことは一度もない。トランプ政権には孔子学院が中国のイデオロギーを広めているという恐怖心があるが、それは誇張されたものだ」と反論した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

園田耕司

園田耕司(そのだ・こうじ) 朝日新聞ワシントン特派員

1976年、宮崎県生まれ。2000年、早稲田大学第一文学部卒、朝日新聞入社。福井、長野総局、西部本社報道センターを経て、2007年、政治部。総理番、平河ク・大島理森国対委員長番、与党ク・輿石東参院会長番、防衛省、外務省を担当。2015年、ハーバード大学日米関係プログラム客員研究員。2016年、政治部国会キャップとして日本の新聞メディアとして初めて「ファクトチェック」を導入。2018年、アメリカ総局。共著に「安倍政権の裏の顔『攻防 集団的自衛権』ドキュメント」(講談社)、「この国を揺るがす男 安倍晋三とは何者か」(筑摩書房)。メールアドレスはsonoda-k1@asahi.com

園田耕司の記事

もっと見る