メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

国民に自粛を強いる「8割削減」目標を根底から疑え!

西浦教授はなぜ、現実の数値とは言えない「8割削減」に固執したのか?

佐藤章 ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

実効再生産数とは?

 しかし、ここで記録しておかなければならないのはそのことではなく、安倍首相が発言した、人と人との接触機会を「極力8割削減すること」というその「8割」という数字に関わる事実だ。

 この記者会見以来、テレビや新聞、ネット上などでは「8割削減」という言葉がひとり闊歩し、緊急事態宣言を解除するにはこの「8割削減」目標を達成しなければならないかのような様相を呈した。

 では、この「8割」という数字は一体どこから出てきたものなのだろうか。

 記者会見と同じ日、ツイッターの「新型コロナクラスター対策専門家」というアカウントで、厚生労働省クラスター対策班の中心人物、西浦博・北海道大学大学院医学研究院教授が動画解説した。

 「今日は、なぜ8割の行動制限が必要と考えているのかをまず説明しましょう」

 こう語り始めた西浦教授の後ろにはホワイトボードが立っている。こう書いてある。

Ro=2.5
Rt=(1-p)Ro<1

 Roというのは基本再生産数のことで、感染症が流行し始めた当初、ひとりの人間が何人の人間にウイルスを移すかという指標だ。これが2.5というのは、ひとりの人間が2.5人の人間にウイルスを移すことを意味する。

 西浦教授は、ここで使っている2.5という数値について、現にドイツで推定されている基本再生産数であることを明らかにしている。

「pという比率の人を行動制限すると、残った(1-p)という人の間だけで2次感染が起こりますから――」(西浦教授)

 その(1-p)という人の割合に基本再生産数(Ro)をかければ、Rtで表わされた実効再生産数が出る。そして、この実効再生産数が1を下回っていれば、感染は縮小に向かっていく、というわけだ。

 実効再生産数というのは、いろいろな対策を採った後、ひとりの人間が何人の人間にウイルスを移していくか、という指標である。

 西浦教授の想定を非常にわかりやすく説明すると次のようになる。

 例えば、コロナウイルスに感染しているAというひとりの人間に対して、ウイルス感染防止策として8割の行動制限をすれば、本来会うはずだった8割の人たちにウイルスを移す可能性はゼロになる。これが(1-p)を意味する。そして、この(1-p)に当初からの基本再生産数2・5をかければ、行動制限という対策を採った後の実効再生産数が出る。

 これを実際に計算してみると、

(1-0.8)×2.5=0.5

 となる。

 つまり、西浦教授の計算通りであれば、「8割削減」という行動制限対策を採れば、ひとりの人間がウイルスを移す人間の数は0.5人となり、感染は急速に減っていくというわけだ。

 この考え方は本当に正しいのだろうか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤章

佐藤章(さとう・あきら) ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職。朝日新聞社では、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部など。退職後、慶應義塾大学非常勤講師(ジャーナリズム専攻)、五月書房新社取締役・編集委員会委員長。最近著に『職業政治家 小沢一郎』(朝日新聞出版)。その他の著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など多数。共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)、『圧倒的! リベラリズム宣言』(五月書房新社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

佐藤章の記事

もっと見る