メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナで逝く。岡本行夫氏が夢見たものは……

外交でも趣味でも「夢」を語る快男児。理想から離れゆく現実に何を思ったか

星浩 政治ジャーナリスト

拡大岡本行夫さん=2011年2月16日、東京・虎ノ門

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスは、日本の論客の命も奪った。

 岡本行夫氏。

 4月下旬に感染し、入院。あっという間に容体が急変したという。74歳だった。

 外務省で対米外交の中枢を担ったが、国際貢献に踏み出せない日本の「限界」を痛感。40代半ばで退官し、在野から発信を続けた。橋本龍太郎政権などで沖縄の米軍基地問題に取り組み、沖縄の人たちから信頼を集めた。

 最近は、トランプ政権のアメリカについて、「私の好きだった古き良きアメリカはどこかへ行ってしまった」と残念そうに語っていた。ダイビング好きで美しい水中写真を多く残した。外交でも趣味でも「夢」を語る快男児だった。

自分の頭で考えることが大事

 岡本氏と初めて会ったのは34年前だった。私は当時、朝日新聞政治部の駆け出し記者。岡本氏は外務省北米局安保課長で、朝日新聞の勉強会に講師として来ていただいた。

 米ソ冷戦の真っただ中で、米国は日本を対ソ連封じ込めの最前線ととらえていた。安保課長といえば、米国の軍事戦略の代弁者だろうと思って聞いていた私に、岡本氏は突然、「あなた自身は日本がどういう形で米国に協力すべきだと思いますか」と聞いてきた。

 「憲法の範囲内で、非軍事の経済協力を」などと型通りの答えをすると、岡本氏は「朝日新聞らしい。私とは意見が違うが、大事なことは一人一人が自分の頭で考えることだ」と話していた。「自分の頭で」という言葉が、今でも記憶に残っている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

星浩の記事

もっと見る