メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナで変わりゆく世界~「定住旅行家」の目(上)

暮らしを体験した世界各地は今、どうなっているのか……

ERIKO モデル・定住旅行家

拡大Sergey Nivens/shutterstock.com

 人間が容易に移動できるようになったこの時代。グローバル化の進展に伴って人の行き来が盛んになることで、私たちは世界の様々な地域に足を踏み入れ、多様な世界観を覗き見ることが可能になった。それと同時に、人に感染するウィルスもまた、急激な速さで世界中に蔓延(まんえん)するようになった。

 筆者はこれまで、1年の半分を海外で過ごしてきた。グローバル化を最大限いかしてきたといっていい。新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行で、そんな暮らしもいったん休みだ。自ら出かけて、暮らしを体験してきた世界の様々な地域は、いまどうなっているのか。その様子をお伝えしたい。

8年間の旅行生活が突然ストップ

 筆者がライフワークにしている「定住旅行」とは、国内外のある地域の家庭に一定期間(1ヶ月〜3ヶ月)滞在し、生活を共にしながら、家族らの生活やその土地の文化、習慣を配信するというものである。

 旅することが目的ではなく、現地の人たちの暮らしを体験するための一つの手段として、旅を活用している。なぜ、定住旅行のようなスタイルで世界中を訪れ、交流しているか。きっかけは、スペイン語留学で訪れたアルゼンチンでの”変革体験”、すなわち人生の根本を変えてしまう体験にあった。

 当時、語学学習にしか興味がなかったのなかった筆者は、ある日、アルゼンチンの首都ブエノス・アイレス南東部にあるボカ地区――名門サッカークラブ、ボカジュニアーズの本拠地であり、タンゴが生まれた場所としても知られている――を訪れた。所用をすませて、帰宅しようとバス停に行ったところ、バス代の1ペソが財布に入っていない。

 困っていると、たまたまバス停に現れた貧しい身なりの女性が「どうしたの」と尋ねてきた。バス代がないと言うと、彼女は1ペソを差し出した。その瞬間、私のなかで何かが大きく変わった。資本主義的な成功を追い求めることへの疑問が浮かび、豊かさの定義根本から揺らいだのだ。

 物事についての考え方、自分が抱いている常識が、違った場所に置かれると、新しい装いで、自分に語りかけてくることがある。そうした体験は、我々が生きていく上でのヒントになったり、問題を解決に導く糸口になることがしばしばある。

 このアルゼンチンでの経験を契機に、私は中南米そのものに興味をもつようになった。中南米と日本の架け橋になろうと、1年4ヶ月をかけて25カ国を訪問、現地の人の家庭に滞在して、その国の生活やその土地の文化、習慣を伝えた。

 これ以降、いわゆる定住旅行家として、中南米以外の様々な国や地域にも出向き、現地の人たちとの交流を重ねている。これまでに50カ国で103の家族との生活を体験してきた。1年の半分を定住旅行に費やすようになって、8年が過ぎた。そのサイクルが今年、唐突にストップした。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ERIKO

ERIKO モデル・定住旅行家

鳥取県出身。高校在学中、語学留学のためイギリス、アメリカ合衆国に滞在。高校卒業後、イタリア、アルゼンチン、ロシア、インドで語学習得のための長期滞在をきっかけに、様々な土地に生きる人達の生き方や生活を体感することに興味を抱く。スペイン語留学で訪れたアルゼンチンでの生活をきっかけに、ラテンの地と日本の架け橋になるという目的を持って、中南米・カリブ25ヶ国を旅した。モデルと並行し、「定住旅行家」として、世界の様々地域で、現地の人びとの生活に入り、その暮らしや生き方を伝えている。NEPOEHT所属(モデル)。著書「暮らす旅びと」(かまくら春秋社)、「たのしくてう~んとためになるせかいのトイレ」(日本能率協会)