メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナ意識調査があぶり出した自粛を求める世論の構造と打撃の実態

トップは今こそ国民を安心させる前向きなメッセージを発せよ

三浦瑠麗 国際政治学者・山猫総合研究所代表

拡大緊急事態宣言の39県解除について記者会見する安倍晋三首相=2020年5月14日午後6時1分、首相官邸

 緊急事態宣言の延長により、日本で見込まれている失業者はおよそ70万人に及びます。70万人の人が、生活のよりどころを失い、その家族が不安に晒され、そして彼らが生み出してきた生産活動が失われました。

 対して、新型コロナウイルスの感染者数は非常に低い水準で推移しています。現在、報告されている感染者数は約16,000人、死者は600人強です。報道によれば、東京では1~3月期に超過死亡(例年を上回る死者数のこと)は存在していません。仮に日本赤十字社が献血の血液に行った抗体検査結果が正しかったとすれば、新型コロナウイルスによる東京での致死率は約0.26%です。

新型コロナウイルスに関する意識調査を実施

 実は、日本では毎年120万人が亡くなっています。現代社会がどれだけそこから目を背けようとしても、死は私たちにとって隣り合わせの存在であることに変わりはありません。

 私たちは新型コロナを前にして、いったい何を恐れ、何を求め、どのような方向へと社会を導こうとしているのでしょうか。それを考えようと、私の主宰するシンクタンク・株式会社山猫総合研究所はこのほど、一般財団法人・創発プラットフォームと共同で、新型コロナウイルスに関する意識調査を行いました()。

:調査は株式会社日経リサーチに実施を委託。2020年4月27~28日に全国の18歳以上の男女を対象に実施し、2098サンプル(データクリーニング後)を収集。

 新型コロナウイルスをめぐる意識調査はこれまで、いくつか行われています。働き方の変化やストレス度などをめぐる興味深い調査もあります。この調査の狙いは、これまで明らかにされてこなかった、いったい誰が自粛を求め、誰がその打撃を受けているのかということを明らかにすることでした。本稿では、調査から見えきたことについて、広く共有したいと思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三浦瑠麗

三浦瑠麗(みうら・るり) 国際政治学者・山猫総合研究所代表

1980年神奈川県茅ケ崎市生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)。専門は国際政治、比較政治。東京大学政策ビジョン研究センター講師などを経て現職。著書に『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)、『「トランプ時代」の新世界秩序』(潮新書)、『あなたに伝えたい政治の話』(文春新書)など。政治外交評論のブログ「山猫日記」を主宰。公式メールマガジン、三浦瑠麗の「自分で考えるための政治の話」をプレジデント社から発行中。共同通信「報道と読者」委員会第8期、9期委員、読売新聞読書委員。近著に『21世紀の戦争と平和 徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)。

三浦瑠麗の記事

もっと見る