メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

自民党内、いまだに静かです!/石破茂にとことん聞いた(中)

佐藤章 ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

斎藤隆夫の衆院除名に反対したのは7人だった

――「政務官になりたい。理事になって委員会を差配したい。大臣になりたい」という願望は、私が思うに、政治家を志す人間として半分のことだと思うんですよね。もうひとつの半分は、もともと政治家になって何かの役に立ちたいという志そのものがあるじゃないですか。それは、そういう出世とは関係なく「おれは自分自身の志を貫くんだ、出世なんかしなくてもいい」という、まさに「初志貫徹」の部分があるじゃないですか。そういうものが人間の中に半分半分あると思うんですよね。では、現在の若い議員というのは志の部分が弱いんですか。

石破 斎藤隆夫先生の、いわゆる「反軍演説」というのがありましたよね。昭和15年の2⽉2⽇です。与党の⽴憲⺠政党の代議⼠であった斎藤隆夫先生が、1時間半にわたる⼤演説を本会議場で行った。相⼿は内閣総理⼤⾂、⽶内光政。録⾳が残っているから今でも聞くことができます。

 彼の演説は、実は「反軍」でもなんでもなかった。この⽇中戦争、当時は⽀那事変と⾔っていましたが、「これは何のためにやっている戦争なんだ。何のために我が国の将兵たちは異国で戦っているんだ。戦争⽬的を述べよ。そして戦争を始めたからにはどうやって収拾するのか、その⾒通しを述べよ」と⾔っただけのことでした。

 だけど、それで衆議院を除名になり、その除名に反対した者は7名しかいなかった。つまり、今の議員が特に志が低いとかそんなことではないと私は思っています。

 本来、議員が忠誠を誓うのは⾃分を⽀持してくれた人々に対してなんだろうと思っているんです。私で⾔えば⿃取の⼈たちですね。そこから敷衍して、「国民の代表」として国民に対して恥ずることがなければいい、と思うわけです。だから、自分が思うことを⾔えないで汲々としながら出世を⽬指すんだったら、それはそもそも政治家である意味がなくなってしまうのかもしれません。

 でもそれは、うちの選挙区の⼈たちは理解してくれているし、私は幸せな選挙区から出てきているんだけど、そうじゃない⼈たちもいっぱいいるんじゃないかと思います。今の⼈たちに限ったことじゃない。

――斎藤隆夫の時代にはそういう演説をしたことで除名になりました。しかし、今の時代すぐに除名になるかというと、そういうことはありません。しかも今は世論というものの力が相当に強い。その世論をバックにすれば怖くない、ということがあると思います。今、コロナウイルスの大きい第2波が来ることが予想されています。しかし、今の政権はそれに対してほとんど何も準備を進めていません。国民を守るためには、そういう政権を変えなければならないのではないですか。そういう時に自分の出世だけ、目の前のポストのために汲々としていいのか、と私は考えますが。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤章

佐藤章(さとう・あきら) ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職。朝日新聞社では、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部など。退職後、慶應義塾大学非常勤講師(ジャーナリズム専攻)、五月書房新社取締役・編集委員会委員長。著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など多数。共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)、『圧倒的! リベラリズム宣言』(五月書房新社)など。

佐藤章の記事

もっと見る