メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

政治家が検察を使って露骨にすべてを支配する 「検察国家化」の悪夢

ロシアの現実を追いかける日本

塩原俊彦 高知大学准教授

いま日本で密かに進む「検察国家化」

 「ニッポン不全」の第一回として取り上げたいのは、「政治不全」にかかわる「検察」の問題だ。検察官の定年を引き上げる検察庁法改正はいったん、断念されることになった。しかし、政治家が検察に「手を突っ込む」

・・・ログインして読む
(残り:約4747文字/本文:約6892文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

塩原俊彦

塩原俊彦(しおばら・としひこ) 高知大学准教授

1956年生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。学術博士(北海道大学)。元朝日新聞モスクワ特派員。著書に、『ロシアの軍需産業』(岩波書店)、『「軍事大国」ロシアの虚実』(同)、『パイプラインの政治経済学』(法政大学出版局)、『ウクライナ・ゲート』(社会評論社)、『ウクライナ2.0』(同)、『官僚の世界史』(同)、『探求・インターネット社会』(丸善)、『ビジネス・エシックス』(講談社)、『民意と政治の断絶はなぜ起きた』(ポプラ社)、『なぜ官僚は腐敗するのか』(潮出版社)、The Anti-Corruption Polices(Maruzen Planet)など多数。

塩原俊彦の記事

もっと見る