メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

人種差別問題で窮地のトランプ 宗教と経済の活動再開で挽回なるか

聖書を片手に教会前でポーズを取ったトランプのパフォーマンスの効果のほどは

松本佐保 名古屋市立大学人文社会学部教授

政治と宗教の距離が近い米国

 トランプの手に持っていた聖書は、リンカーンの聖書のレプリカで、オリジナルは、ワシントンの「聖書博物館」にある。

 聖書博物館は、実は2017年11月17日、つまり比較的最近、トランプ政権誕生後に開館した。開館式にはペンス副大統領が来賓として参列し、テープ・カットを行ったことでも話題になった。トランプ政権内の人物とキリスト教等宗教団体や保守系シンクタンク関係者のイベント会場としても使われ、著者も今年2月の「全米朝食の祈りの会」のサイドイベントに参加した。

 歴代の大統領が宣誓式で必ず聖書に手を置き、誓いを述べるなど、米国では政治と宗教の距離が近いが、特にトランプ政権ではそうした立場を強調してきた。「聖書」の存在が有効な秩序回復の有効な道具になりえると考えられても不思議ではない。

 セント・ジョーンズ教会は、リンカーンやルーズベルト大統領など歴代の名だたる大統領が通った教会で、リンカーンの聖書同様にトランプはあやかる意図だろうが、米聖教会派のプロテスタント主流派で、福音派とは異なる立場にある。特に1980年代以降はよりリベラルで、例えば中絶問題で女性の選択権を認め、LGBTに寛容で女性や同性愛者の聖職者もいる。また、人種では包括性を強調、中絶や同性婚に強固に反対し、白人中心的な福音派とは対立することもあり、政治的にもどちらかと言えば民主党寄りに近い。

 こうした理由からか、トランプはこれまでこの教会に足を運んだことはなく、今回初めてこの教会の前でポーズを取った。この教会の牧師は「大統領は一度も我が教会に来て、礼拝に参列したことがない」と暴露した。

治安維持のための武力投入をめぐり大論争

 では、武力よりも聖書のほうが、米国での反人種差別デモや暴動に対する秩序維持の手段になり得るうるものか。

 トランプ大統領は治安維持のために、武力の投入を辞さない構えで、軍隊に召集をかけていた。これをめぐり、トランプと国防省、抗議デモ、メディアの間で大論争を繰り広げられた。

 マティス前国務長官は、トランプの対暴動への軍事使用の可能性を批判した。エスパー国防長官も、全米各地で起きている人種差別への抗議デモが暴動に発展している問題に対して、連邦軍を動員に反対の立場を明言した。エスパー国防長官の更迭も囁かれた。

 米軍制服組トップであるマーク・ミリー統合参謀本部議長は、このホワイトハウス前のセント・ジョーンズ教会前でのトランプ米大統領の写真撮影に同行し、写真がメディアに使われたことで、誤解を与えたと釈明し謝罪した。彼が教会に向かうトランプに迷彩服を着て同行したことが、「米軍が国内政治に関与し、

・・・ログインして読む
(残り:約2067文字/本文:約3814文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松本佐保

松本佐保(まつもと・さほ) 名古屋市立大学人文社会学部教授

慶応義塾大学大学院修士課程修了。英国ウォーリック大学大学院博士課程修了(PhD)。現在、名古屋市立大学人文社会学部教授。専門は国際政治史(英米、イタリア、バチカン政治・外交・文化史)。著書に『熱狂する「神の国」アメリカ』(文春新書)、『バチカン近現代史』(中公新書)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです