メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナが揺さぶるラテンアメリカ社会の安定

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大ブラジル・サンパウロの墓地では、次々と運び込まれるひつぎを埋葬するために、いくつもの新しい穴が掘られていた=2020年5月15日、岡田玄撮影

貧困層はコロナの格好の標的

 コロナは、誰かれの見境なく人を襲うという。しかしそれは事実でない。貧困層を狙い撃ちにする。イタリアでも、米国でも、シンガポール(外国人労働者)ですらも、貧困にあえぐ人々がその餌食になった。

 貧困層は、密集した住環境、コロナでも働くしかない生計事情、十分な診療を受けられない医療事情の3つにより、コロナにとり格好の標的だ。そういう貧困層が世界に無数にいる。コロナはその事実を我々にまざまざと思い知らせた。

 ブラジルの貧民街はファベーラという。有名なリオデジャネイロのコパカバーナ海岸は、一面に白砂が広がり世界有数のリゾート地に数えられている。多くの人が波と戯れ海岸を散歩するが、ふと見ると、誰一人として時計をはめている者がいない。服装も、これだけ著名なリゾート地なのに、高価なものが見当たらない。誰もが、一様にTシャツ、短パン、ゴム草履履きだ。別に、海辺で遊ぶからではない。強盗被害を恐れているのだ。

 コパカバーナ海岸から目を離し後ろを振り向くと、丘陵一面に異様な光景が目に入る。斜面に、所狭しとバラックがひしめき合っているのだ。今にも崩れ落ちそうな無数の家々。コパカバーナ海岸の瀟洒な景色と、崩れ落ちんばかりに密集したバラックの建屋。このアンバランスこそがブラジルの原風景だ。

 ブラジルで感染の勢いが止まらない。感染者数は6月30日現在、134万人を超えた。その多くが全国のファベーラで発生した。

 ファベーラにはブラジルの最下層が住む。まっとうな経済からあふれ出し、生活の当てもない人々。そういう人たちが、寄り添うようにしてその日の糊口を凌ぐ。崩れ落ちんばかりの粗末なバラックが、つかの間の眠りの場だ。明日、目が覚めれば、その日生きながらえる保証もない。その日暮らしで何とかつないでいく、ただそれだけだ。そういうところにソシアルディスタンスがあろうはずもない。子だくさんの家族が肌を寄せ合うようにして生活する様は、3密どころの騒ぎでない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

1953年生まれ。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、現在、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」(創成社)「スイスが問う明日の日本」(刀水書房)等。

花田吉隆の記事

もっと見る