メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

テレワークにより気付かされた「接触」と「空間」の本当の意味

ウイルスが我々に問いかけているもの(7) 「接触」「空間」

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大テレワークが増え出社人数が減ったダイドードリンコの本社オフィス=2020年6月4日、大阪市北区、加茂謙吾撮影

 テレワークは、思ってもみなかった広がりを見せつつある。都心にあるオフィスの解約が相次ぎ、地方移住の人も出始めた。やってみればできるじゃないか、結構使い勝手がいい。テレワーク利用率は全国で3割ちょっとだが、東京では5割だ。東京在住者の半分がテレワークを経験したことの重みは無視できない。コロナ後に大きな変化をもたらしそうだ。

「時間経済の拡大」と「空間経済の縮小」

 テレワークにより会社までの通勤時間が節約できる。それはまとまった2時間、3時間といった規模の大きさの時間であり、その経済効果は無視できない、と日経新聞はいう。これを「時間経済」という。今まで、電車待ちや電車内の20分、30分といった「細切れ」時間が新たな産業を生み出していた。人はその間に読書をし、音楽を聴く。しかし、これが2時間3時間のまとまった単位となると、全く別の新たな産業が生まれそうだ。つまり、コロナは「時間経済を拡大」した。

 人の時間は一日24時間だ。増えたものがあれば減ったものもあるはずだ。何が減ったか。「時間経済」をもじってやや強引に言えば「空間経済」だ。都心のオフィスという空間の利用価値が減り、市場規模が縮小し関連産業が衰退する。

 コロナは「時間経済の拡大」と「空間経済の縮小」をもたらしつつある。

 なにやら、コロンブスの卵を見ているようだ。ネットを使ってのテレワークは前からあった。スカイプは10年ほど前からあった。その利用により、遠隔地の人同士がカメラを通して話をすることができた。しかし、それがオフィスを代替する意味を持つと誰が考えただろう。コロナという天変地異が人の背中を押した。押されてみると、使い勝手は思ったほど悪くない。もっとも、スカイプは知っていてもズームは知らなかったが。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

花田吉隆の記事

もっと見る