メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

わかりあえないことをわかりたい

[196]近畿財務局調査取材、『死の教室』、リアルの番組定例会議……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

45年ぶり!にみた聖なる狂気の演劇

6月26日(金) 高橋武智氏が死去していた(6月22日)との訃報。ベ平連。JATEC。あの時代の市民運動の偉大な足跡のひとつだ。僕がJATECのことを詳しく知ったのは、大昔の『月刊PLAYBOY』のなかのルポ記事だった。山口健二の存在を知ったのもその雑誌記事を通じてだった。雑誌ジャーナリズムが生き生きとしていた時代が確かにあったのだ。

スウェーデンから強制送還された元立教大学助教授の高橋武智(中央) 1977年7月20日羽田空港拡大日本赤軍との関係をめぐってスウェーデンから強制送還された元立教大学助教授の高橋武智さん=1977年7月20日、羽田空港

 プールへ行ってがっつり泳ぐ。泳ぎ過ぎた。泳ぎ終わってからちょっと立ち眩みがした。

 16時から、映画『パブリック 図書館の奇跡』の朝日新聞広告用インタビューを受ける。思っていたよりたくさんの方々が来られた。そのなかに配給会社のロングライドの友永さんもいらした。彼女にはケン・ローチの『家族を想うとき』でもお世話になった。今月いっぱいで退社されるとのこと。

 インターネットのYouTubeには思いもよらぬ宝物が混じっていることがある。

・・・ログインして読む
(残り:約2480文字/本文:約4327文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

金平茂紀の記事

もっと見る