メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

人が集まり共同体を創ることの意味とは

コロナが後押しした復興基金というEU統合への更なる一歩

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大パリ郊外のシャルル・ドゴール空港到着ロビーに設けられた無料の検査コーナー=2020年7月24日、疋田多揚撮影

 欧州が財政統合に向け、重要な一歩を踏み出した。

 欧州は、冷戦終結を機に通貨、金融統合に進んだが、今回は、コロナ危機が財政統合に踏み出す契機となった。大きな戦争が終わった時、国際秩序の基本的枠組みが動き出す。この定石通り、欧州の通貨、金融統合は冷戦という45年にわたる戦争の終結を経て進んでいった。今回、コロナが大戦争に匹敵するインパクトを欧州政治に与えた。欧州は、2015年の難民危機後、ポピュリストの嵐に見舞われ、また、2016年には英国離脱の激震に揺れた。しかし、今回、コロナ危機を奇貨とし、改めてそのレジリエンス(強靭さ)を証明した。一歩下がっては二歩進む。EUの統合に向けた歩みは止まるところを知らない。

7500億ユーロの復興基金創設で合意

 7月21日、EUは7500億ユーロの復興基金を創設することで合意した。17日からのEU首脳会議は、当初、18日には閉幕の予定だった。しかし、27カ国首脳が、コロナ危機後初めて一堂に会し討議に臨んだにもかかわらず合意がまとまらない。結局予定を大幅に延ばし、5日間の討議の後ようやく合意にこぎつけた。それだけの難交渉だった。

 復興基金は、加盟国間の資金移転メカニズムだ。当然のことながら、資金の受け手は賛成し、出し手は反対する。それを乗り越えるには、EUが共同体としての一体感を持てるか否かがカギになる。実際にカネが動くとなると綺麗ごとでは済まない。なぜ、自らの税金で他人を助けなければならないのか、との議論を乗り越えなければ資金移転のメカニズムは出来上がらなかった。

 EUの中で、資金の出し手は北部諸国、受け手は南欧諸国だ。つまり、EUには南北間に大きな格差がある。資金移転のメカニズムとは、北部の税金で南欧の人々を助けることを意味する。

 これまで、ドイツをはじめとする北部欧州諸国はこれに強く反対していた。北部にすれば、自分たちは勤勉に働き、必要とされる改革も苦しいながら実行してきた。その結果、強い競争力を獲得し高い成長率を達成した。南欧は、必要な改革を先延ばしし、放漫財政を繰り返すだけで勤勉に働こうとせず、政府の補助金に頼って生活する。その結果、競争力は低下し成長率は一向に上がらない。南欧は、北部の援助に頼る前に自ら努力すべきなのであり、資金移転は問題を解決するものではない。「アリとキリギリス」の議論が財政統合を頑なに阻んできた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

1953年生まれ。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、現在、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」(創成社)「スイスが問う明日の日本」(刀水書房)等。

花田吉隆の記事

もっと見る