メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

森友事件 「悲恋の仇討ち物語」を「政治」から切り離そう

「安倍政権への是非」は棚上げして、まずは真相究明を

相澤冬樹 大阪日日新聞記者

「安倍政権を倒したいとか、そんな気持ちは全然ない」のに

 では、仇討ちの相手は誰か? 財務省であり、その出先機関である近畿財務局。夫に不正な改ざんをやらせながら、その後は知らんぷりをして見捨てた上司や同僚達だ。夫を食い物にして「全員、異例の出世」をしたと告発する文書も届いた。上司達は財務省という大組織の中で保身と出世のために夫に不正な改ざんをさせ、夫を見捨てた。保身と出世のために雅子さんに圧力をかけ、そしてやはり見捨てた。それは嫉妬深い男社会そのもの。だから雅子さんは

・・・ログインして読む
(残り:約1591文字/本文:約3818文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

相澤冬樹

相澤冬樹(あいざわ・ふゆき) 大阪日日新聞記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)編集局長・記者。1962年宮崎県生まれ。1987年NHKに記者職で入局。山口放送局、神戸放送局、東京報道局社会部記者、徳島放送局ニュースデスク、大阪放送局(大阪府警キャップ)、BSニュース制作担当などを経て、2012年大阪放送局、2016年司法キャップ。2018年8月NHKを退職。著書に『安倍官邸vs.NHK』(文藝春秋)、『私は真実が知りたい』(共著、同)がある。