メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

女性に支持されなかった安倍政権。そのわけは?~朝日新聞世論調査分析

女性たちはなぜ「支持しません」とはっきり言い始めたのか

小野智美 朝日新聞世論調査部員

男女で評価が分かれる政策も

拡大小泉内閣以降の男女別の支持率・不支持率の期間ごとの平均値

 小泉内閣以降の男女別の支持率・不支持率の期間ごとの平均値を表にまとめた。「支持多数」は青、「不支持多数」は赤で示した。

 第1次安倍内閣は、男性「不支持多数」、女性「支持多数」と正反対。次の福田内閣、続く麻生太郎内閣は男女とも「不支持多数」だった。

 民主党の鳩山由紀夫内閣はその逆。男性「支持多数」、女性「不支持多数」の形だ。続く菅直人内閣、野田内閣は男女とも「不支持多数」。

 第2次安倍政権も、男性「支持多数」、女性「不支持多数」の形がたびたび生じる。ただし、支持率の低迷が続いた直近7カ月は男女とも「不支持多数」だった。

 なぜ、第2次政権では、男性の多数が支持する時に女性の多数が支持しないということが起きたのだろう。

 第2次安倍政権発足時の2012年12月の調査で、支持率は男性64%に対し、女性は54%とやや低めながら、男女とも「支持多数」だった。ただ、この時の調査で男女の評価が分かれる政策が複数あった。

 たとえば原発。「自民党は原子力発電への依存度を減らすことで公明党と合意しましたが、原発をゼロにすることは明確にしていません。あなたは、自民党のこの姿勢を評価しますか。評価しませんか」と尋ねた結果は表1の通り。「原発ゼロ」を明確にしない自民党の姿勢を、男性の多くは評価するが、女性の多くは評価しなかった。以下、いずれの表も「その他・答えない」は省いている。

 憲法9条改正をめぐっても、男女で濃淡が異なった。自民党がいまの改憲4項目をまとめる前の当時の質問として、「自民党は、憲法9条を改正して、自衛隊を国防軍にすることを主張しています。あなたは、このことに賛成ですか。反対ですか」と尋ねたところ、表2の通り、賛成する男性が4割に対して女性は2割だった。

拡大表1
拡大表2

期待感が続かなかったアベノミクス

拡大表3
 この時、アベノミクスへの期待感も尋ねた。「あなたは、安倍首相の経済政策に期待できると思いますか。期待できないと思いますか」と尋ねた結果は、表3の通り。「期待できる」は男性54%に対し、女性は45%だったものの、男女とも多数が期待感を示した。

 だが、その期待感も長続きしなかった。

・・・ログインして読む
(残り:約3263文字/本文:約5410文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小野智美

小野智美(おの・さとみ) 朝日新聞世論調査部員

1988年、朝日新聞社入社。静岡支局、長野支局、政治部、アエラ編集部などを経て2005年に新潟総局、07年に佐渡支局。08年から東京本社。11年9月から14年8月まで仙台総局。宮城県女川町などを担当。19年4月から世論調査部員。著書に『50とよばれたトキ――飼育員たちとの日々』(羽鳥書店)、『女川一中生の句 あの日から』(同)。朝日新聞販売所(ASA)石巻中央と折り込み新聞『石巻だより』発行中。バックナンバーは羽鳥書店のホームページで掲載https://www.hatorishoten-articles.com/ishinomaki-dayori.html