メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ドイツの国際教科書研究が開く世界 170カ国から入手の図書館を探検

【23】ナショナリズム ドイツとは何か/ブラウンシュバイク③ 国際教科書研究所

藤田直央 朝日新聞編集委員(日本政治、外交、安全保障)

「世界最大の教科書研究の場」

 「ここは世界最大の国際教科書研究の場です。170を超える国から教科書を集め、いろんな国の文化や人々の考えがのぞけて、秘密の窓のようで大好きです」。シャッテンバーグさんは一階の閲覧スペースのそばでそう話すと、手元に用意した二国間の歴史の共通教科書をいくつか紹介した。研究所が支えた歴史学者らによる戦後の国際対話の成果だ。

拡大国際教科書尾研究所について説明する司書のシャッテンバーグさん

 ドイツと、ポーランドやフランスといった第二次大戦の敵国同士のものの他に、イスラエルとパレスチナのものもあった。「ここには会議室もあって、双方が中東からやって来てその議論をしました」。昨年には第一次大戦終結百周年のプロジェクトもあり、オーストリアなど欧州各国から研究者が集まったという。

 ドイツの教科書の「完璧なコレクション」は主に一階にある。一番古いものは1632年の地理の本。1871年に近代国家として統一されたドイツ帝国や、1919年からの民主制のワイマール共和国での教科書。「そして特に1933年からの第三帝国の教科書は、ナチス政権による国家建設や教育システムに関する貴重な資料となっています」

拡大国際教科書研究所にある図書館の1階。ドイツの教科書がぎっしりと並ぶ

 教科書は現代のドイツをも映す。欧州連合(EU)の拡大による移民労働者や、シリア内戦による中東からの難民への対応だ。「ナチズムの歴史はもちろん、ドイツ語すら知らない人がイスラム圏からもたくさん入ってきます。反ユダヤ主義が台頭する温床になりかねないという懸念から、やさしい言葉と内容の教科書も最近出てきました」

地下書庫に並ぶ世界の教科書

 地下一階へ降りると可動式の書架が並び、各国の歴史や社会の教科書がある。「欧州では現場の先生や戦争体験者が教科書を書くプロジェクトがあります」「アフリカでは旧宗主国フランスの教科書を使う国がありますね」「この米国の教科書は蔵書で一番分厚い1600ページ。ボリビアではもっと原住民に焦点を当てようと最近改訂されました」……

拡大国際教科書研究所の地下1階の書庫に並ぶ米国の歴史教科書

 話が尽きないまま、東アジアのコーナーへ。日本の棚には、歴史、道徳、公民の教科書がずらっと並ぶ。

・・・ログインして読む
(残り:約3109文字/本文:約4820文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤田直央

藤田直央(ふじた・なおたか) 朝日新聞編集委員(日本政治、外交、安全保障)

1972年生まれ。京都大学法学部卒。朝日新聞で主に政治部に所属。米ハーバード大学客員研究員、那覇総局員、外交・防衛担当キャップなどを経て2019年から現職。著書に北朝鮮問題での『エスカレーション』(岩波書店)、日独で取材した『ナショナリズムを陶冶する』(朝日新聞出版)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤田直央の記事

もっと見る