メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

何があっても変わらない「野球が好き」というシンプルな気持ち

野球人、アフリカをゆく(31・最終回)コロナで世界が変わっても野球人の思いは続く

友成晋也 一般財団法人アフリカ野球・ソフト振興機構 代表理事

<これまでのあらすじ>
 かつてガーナ、タンザニアで野球の普及活動を経験した筆者が、危険地南スーダンに赴任し、ここでもゼロから野球を立ち上げて1年3カ月が過ぎた。奇跡的に出会った数少ない野球経験者であるアメリカ帰りのピーター、ウガンダ帰りのウィリアム両コーチと共に野球人口がふえ、ついには南スーダン野球・ソフトボール連盟(SSBSA)が立ち上がる。野球とソフトボールのお披露目イベントを開催することにし、準備を進めてきていたが…。

 「えっ!なんだこれは!」

 パソコンの画面をみて、思わず声をあげてしまった。

 それは、3月13日の金曜日のことだった。突然、エマージェンシー(緊急)情報がメールで入ってきた。添付ファイルのPDFを開くと、「新型コロナウィルス感染症を防ぐ強化措置」と題した英文書面。発出者は「南スーダン保健省」と書いてある。

南スーダンにも広がる新型コロナウイルス

 2020年の年初から世界をざわつかせ始めたCovid-19。いわゆる新型コロナウィルス感染症は、中国・武漢から広まり、瞬く間に世界中に拡散していった。WHO(世界保健機関)がパンデミック宣言をしたのは3月11日。翌12日時点では、114の国と地域に広がり、感染者は11万8千人強。死者は4300人近くになっていた。

 その流れを踏まえ南スーダン政府は、初めて新型コロナに関する通知を出した。そこには、感染者が発生した国へのフライトの停止、入国制限などに続き、国内のソーシャルディスタンスの規制についても書かれていた。

 「スポーツイベント、宗教の集まり、文化・政治的イベントを規制する」

 イベント禁止…。まじか…。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

友成晋也

友成晋也(ともなり・しんや) 一般財団法人アフリカ野球・ソフト振興機構 代表理事

中学、高校、大学と野球一筋。慶應義塾大学卒業後、リクルートコスモス社勤務を経てJICA(独立行政法人国際協力機構)に転職。1996年からのJICAガーナ事務所在勤時代に、仕事の傍らガーナ野球代表チーム監督に就任し、オリンピックを目指す。帰国後、2003年にNPO法人アフリカ野球友の会を立ち上げ、以来17年にわたり野球を通じた国際交流、協力をアフリカ8カ国で展開。2014年には、タンザニアで二度目の代表監督に就任。2018年からJICA南スーダン事務所に勤務の傍ら、青少年野球チームを立ち上げ、指導を行っている。著書に『アフリカと白球』(文芸社)。

友成晋也の記事

もっと見る