メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

沖縄の盟友・大盛伸二さんに先に逝かれる

[200]那覇、キャンプ・ハンセン、津久井やまゆり園……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

頭が混乱していて何も手につかない

7月23日(木) 大盛さんのお通夜は明日の午後という連絡を原さんから受ける。朝、沖縄タイムスのYさんからも電話が入った。琉球放送のK報道局長らとも連絡。きのう、U常務らとともに病院に駆けつけていたらしい。K局長らが病院を出て、その日の夜11時前に息を引き取ったとのこと。

 東京と連絡をとって、明日のお通夜に参列する旨を伝える。供花や喪服を手配しなければならない。告別式は「報道特集」の生放送があるので参列できない。宿舎のホテル前のデパートにかりゆしの喪服等を買いに行く。取材と編集はKディレクターにまかせる。何だか頭が混乱していて何も手につかない。少し気持ちを落ち着かせなければならない。フリーランスのTさんや琉球新報のTさんと電話で話す。郵便局に行って、I君のご両親に手紙を出す。原さんと間歇的に連絡をとりあって、あしたのお通夜会場へ行く打ち合わせをする。そのまま空港へ行くのに原さんが車で送っていただけるという。ありがたい。

 ひとりでいることが耐えられなくなって、桜坂劇場に飛び込む。自分が錯乱していることに気づく。涙がとまらない。飛び込みで香港映画『淪落の人』をみる。アンソニー・ウォン主演の映画。自分が弱っていることもあって、涙腺が壊れたようになった。宿舎のホテルに戻ってパッキングをする。

7月24日(金) 朝、地元紙の沖縄タイムスに大盛さんの死亡記事が出ている。原さんが車で来ていただけるのは14時なので、それまで頭を冷静にしなければならない。

 佐喜眞美術館に足を延ばして、「沖縄の縮図 伊江島の記録と記憶」展に行く。阿波根昌鴻「人間の住んでいる島」と、大盛さんがこだわっていた比嘉豊光氏の「島クトゥバで語る戦世・伊江島編」をみるためだ。集団自決の生存者たちの証言映像はすさまじいものだった。「自爆準備で皆で円くなり、

・・・ログインして読む
(残り:約2433文字/本文:約4626文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る