メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「オリーブの木」政権が野党の現実的な選択か

新しい政権への渇望は高いのに盛り上がらない立憲、国民の合流・新党。どうすれば……

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

 立憲民主党と国民民主党の合流・新党結成は、「9月上旬から中旬」(福山哲朗・立憲幹事長)を目指して進められている。8月24日には、立憲、国民の幹事長、衆議院の無所属議員2グループ(「無所属フォーラム」「社会保障を立て直す国民会議」)の代表が会って合流に関する署名式を開き、新党の綱領、規約、代表選規定を決めた。

期待感が小さい立憲・国民の合流・新党結成

 だが、直近の世論調査(毎日8月23日付朝刊)によると、この新党に「期待は持てない」が68%、「期待が持てる」は17%と、盛り上がりに乏しい。

 安倍晋三政権の不支持率は59%だから、世論は新しい政権の出現を渇望しているはずだ。それなのに、新党への期待感が小さいのは、世論が現在の野党再編の道筋に反発し、根本的な出直しを命じているからであろう。

 この調査では、新党の主軸を任じている立憲の支持率は一ケタの9%。「次の首相にふさわしいと思う人」という質問に、立憲の枝野幸男代表を挙げた人は2%しかない。新党を結成すれば“大化け”するという気配はほとんど感じない。

 大半の有権者は、今回の野党の合同話を旧民主党の再結集に過ぎないと思っている。同じ役者たちが同じ衣装を着て、違う芝居をしているとしか見ていないので、期待が盛り上がらない。それほどまでに、最初の芝居がお粗末だったということだ。だから、安倍首相が「あの悪夢のような民主党政権」と言えば、世論は黙り、結果的に長期政権化を許してきた。

拡大立憲民主党の執行役員会であいさつする枝野幸男代表=2020年8月19日、国会内、

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る