メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

自民党を「キャッチオール型」から「普通の」政党に変えた安倍政権の8年弱

8年近く政権を維持できた理由 政策の評価 「左派パッシング」の真相

三浦瑠麗 国際政治学者・山猫総合研究所代表

安倍総理の「堅さ」

拡大辞任会見に臨む安倍晋三首相=2020年8月28日午後5時、首相官邸

 安倍総理を見ていて思うのは、言動やその背景がよく理解できる、ということである。おそらくこの8年近くの間、日本で最も知名度が高く、最も毀誉褒貶の声を浴びせられてきた存在である。

 良きにつけ悪しきにつけ、これだけ注目の対象となり続け、しかも政権を崩壊させないできたということは、それだけのものを背負い続けるための精神的なコツをつかんでいるということでもある。岸総理の孫という「血筋」の下地はあるにしても、世襲の議員がみな当然のようにできるわけではない。

 安倍氏はすべてを包含しようとする人ではない。党派的であり、自分が取り込めない人にまで手を伸ばそうとするような過ちを、決して犯さない。政敵に対して、ときに仮借ない報復をし、権力維持に関しては徹底して冷徹である一方、側近からは高い忠誠心を勝ち得ている。

 気さくな一面もあるが、ごく親しい友人以外には、ひやりとした一線を引いて接していて、閣僚のなかには、安倍総理が何を考えているのかわからないという状況も、頻繁にあっただろう。君臨するという点においては、自民党内でも内閣においても「堅さ」があった。

成立しなかったメデイアとの洒脱なキャッチボール

 安倍さんは、記者会見などで自身の考えから外れた見解や質問が出されたときに、懸命にこらえて我慢しているという顔をすることがあった。そうした不快さをはらむ表情は、外遊で各国の首脳などと交流しているときには見られないものだった。それは、海外での明るい振る舞いの方が特別だったわけではなく、

・・・ログインして読む
(残り:約3640文字/本文:約5372文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三浦瑠麗

三浦瑠麗(みうら・るり) 国際政治学者・山猫総合研究所代表

1980年神奈川県茅ケ崎市生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)。専門は国際政治、比較政治。東京大学政策ビジョン研究センター講師などを経て現職。著書に『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)、『「トランプ時代」の新世界秩序』(潮新書)、『あなたに伝えたい政治の話』(文春新書)など。政治外交評論のブログ「山猫日記」を主宰。公式メールマガジン、三浦瑠麗の「自分で考えるための政治の話」をプレジデント社から発行中。共同通信「報道と読者」委員会第8期、9期委員、読売新聞読書委員。近著に『21世紀の戦争と平和 徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)。

三浦瑠麗の記事

もっと見る