メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

かつてないほど沖縄に厳しかった安倍政権。その四つの背景

新政権の発足で沖縄政策は変わるのか?

野添文彬 沖縄国際大学准教授

拡大昨年(2019年)の沖縄全戦没者追悼式の会場に入る安倍晋三首相(手前左)と迎え入れる玉城デニー沖縄県知事(同右)=2019年6月23日、沖縄県糸満市

 憲政史上最長の約7年8カ月月続いた第2次安倍晋三政権は、病気を理由とする首相の辞任表明により、あっけなく終焉を迎えることになった。

 安倍政権については、様々な側面から様々な評価があり得るだろう。長期にわたる政権運営によって日本政治に安定をもたらしたこと、アベノミクスによって株価を上昇させたことなどが評価される一方で、ロシアとの北方領土問題や北朝鮮による拉致問題で結果を出せなかったことや、森友・加計学園などの疑惑が批判されている。

 今なお在日米軍専用施設の7割が集中し、普天間飛行場の辺野古移設問題が争点となり続けている沖縄に対する政策については、どのように評価できるだろうか。

沖縄県民にとって「悪夢のような」7年8カ月

 安倍政権は、沖縄に対しては、特に米軍基地の問題をめぐって、歴史上かつてなく厳しい政権だったといえる。

 普天間飛行場の辺野古移設問題をめぐっては、いくつもの知事選挙や国政選挙、さらに県民投票で示された多くの沖縄県民の反対の意思の表明にもかかわらず、「唯一の解決策」だとして辺野古新基地建設工事を強行した。東村高江のヘリパット建設でも、機動隊を投入して反対派の市民を排除して建設を進めた。

 沖縄県内の多くの反対を力でねじ伏せるような安倍政権の政治手法から、日本政府と沖縄県の対立は激化し、日本本土と沖縄との間の分断が深まった。そもそも、故翁長雄志知事が主導して構築した、沖縄が保革対立を越えて辺野古移設に反対して日本政府と対峙するという「オール沖縄」と呼ばれる政治勢力が生まれた直接の背景には、安倍政権の強硬な姿勢があった。沖縄から見ると、第2次安倍政権期とは、日本政府と「オール沖縄」が鋭く対立した時代だった。

 多くの沖縄県民は、自分たちの意思に反する政策が繰り返されるなか、安倍首相の表現を借りれば、「悪夢のような」約7年8カ月だったと感じているのではないだろうか。

拡大埋め立て工事が進む辺野古沖。中央は軟弱地盤がある海域=2020年3月26日、沖縄県名護市、朝日新聞社機から

空虚に響く「沖縄に寄り添う」という言葉

 もちろん、北部訓練場の一部返還や沖縄振興予算など、安倍政権が沖縄について何もしなかったわけではない。しかし、それらは「アメとムチ」としばしば言われるように、前述の強硬策とセットとなり、辺野古新基地建設を進めるための懐柔策としての側面が強かった。

 なにより、それらの政策は、表面的なもので、歴史に由来する沖縄県民の「魂の飢餓感」(故翁長雄志沖縄県知事)を癒すもの、言い換えれば、長年にわたって沖縄に基地負担を押し付けてきた日米安保体制の構造のなかで、沖縄県民自身がその負担軽減を実感できるものではなかった。安倍首相は繰り返し「沖縄に寄り添う」という言葉を使ったが、この7年8カ月で、もはや使うのがはばかられるほど空虚な言葉になった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

野添文彬

野添文彬(のぞえ・ふみあき) 沖縄国際大学准教授

1984年滋賀県生まれ。一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。主要著書に、『沖縄返還後の日米安保ー米軍基地をめぐる相克』(吉川弘文館、2016年、沖縄研究奨励賞・日本防衛学会猪木正道研究奨励賞受賞)、『沖縄米軍基地全史』(吉川弘文館、2020年)、『沖縄と海兵隊ー沖縄駐留の史的展開』(共著、旬報社、2016年)など。

野添文彬の記事

もっと見る