メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

反政府運動が勢いづくタイで一党独裁の中国に厳しい目を向ける若者たち

タイの若者に何が起きているのか(下)

吉岡桂子 朝日新聞編集委員

 タイで若者を中心とした反政府運動が勢いづいている。8月16日には首都バンコクで、2014年の軍事クーデター以降では最大規模の約2万人が参加した反政府集会も開かれた。軍政色の強い憲法の改正や言論の自由に加えて、王室改革にも声を上げるようになった。絶対的な権威であり不敬罪もあるタイで、王室に対する不満もまじえた言及は異例の事態だが、ネットからリアルな集会まで、大学生だけでなく中高校生まで、バンコクだけでなく地方都市まで、と活動の輪は広がる。

 権威主義に声をあげる若い世代は、中国共産党一党支配の中国に対して厳しい目を向けるようになっているという。若者の変化は、将来の両国関係にどのような影響を与えるのだろうか。「中国は強大化したが、ポジティブなイメージ作りに失敗している。ソフトパワーに乏しい」と語るタマサート大学東アジア研究所長のシティポン・クルアラッティガン准教授に話を聞いた。

拡大タマサート大学准教授で東アジア研究所長のシティポン・クルアラッティガンさん=2020年8月7日、バンコク近郊・タマサート大学、吉岡桂子撮影

Sitthiphon Kruarattikan(シティポン・クルアラッティガン)
タマサート大学准教授、東アジア研究所長

中国に「ノー」と言えないタイ政府

――タイと中国の関係をどうみていますか。

 「タイと中国は兄弟」と両国政府は長年にわたって言ってきました。タイ社会における政治や経済のエリートは、中国に対してポジティブな見方を持ち、中国共産党のリーダーシップも支持している。中国とのつきあいのなかで、利益を得ているからだ。近い将来、関係が変わることはないだろう。

――香港で昨年、逃亡犯条例をきっかけに反政府デモが起きたときも、タイの最大手財閥で華人系のCP(チャロン・ポカパン)グループは、早々に香港政府支持を示す全面広告を香港紙に出していました。外資系ではめずらしい対応でした。鄧小平氏が改革開放にかじをきったときに真っ先に投資して以来、中国市場との結びつきは非常に強い財閥です。

 タイ政府の政策当局者も、中国政府にノーとは言えないんです。経済的に依存していますので、中国を公然と批判して怒らせることはできません。タイはミドルパワーの国として、米国と中国が対立するなかでも両方と友人の関係を続けるでしょう。

 ただ、反政府集会に参加しているような若い世代は、ちょっと違う見方をもっています。

拡大民主記念塔前で開かれた反政府集会=2020年8月16日、バンコク、吉岡桂子撮影

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

吉岡桂子

吉岡桂子(よしおか・けいこ) 朝日新聞編集委員

1964年生まれ。1989年に朝日新聞に入社。上海、北京特派員などを経て、2017年6月からアジア総局(バンコク)駐在。毎週木曜日朝刊のザ・コラムの筆者の一人。中国や日中関係について、様々な視座からウォッチ。現場や対話を大事に、ときに道草もしながら、テーマを追いかけます。鉄道を筆頭に、乗り物が好き。バンコクに赴任する際も、北京~ハノイは鉄路で行きました。近著に『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』(https://www.amazon.co.jp/dp/4093897719)

吉岡桂子の記事

もっと見る