メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新「立憲民主党」結党 政局本位から脱却しポストコロナの新しいモードへ 

神津里季生・山口二郎の往復書簡(9)政局モードの思考パターンはもういらない

神津里季生 連合会長

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

神津里季生

神津里季生(こうづ・りきお) 連合会長

1956年東京都生まれ。東京大学教養学部卒。在学時は野球部マネジャー。79年、新日本製鐵に入社。84年に本社労働組合執行委員となり、専従役員の活動を始める。外務省と民間の人事交流で90年より3年間、在タイ日本大使館に勤務。その後、新日鐡労連会長、基幹労連中央執行委員長などを経て、2013年に連合会事務局長に就任、15年より同会長。近著に「神津式労働問題のレッスン」。

神津里季生の記事

もっと見る