メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅首相への期待と不安~「ビスマルクのマント」をつかんだ強運と政治勘

日本の展望と指針を示すための作業に着手を。「経済計画」策定も一策

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

拡大就任後初の記者会見をする菅義偉首相=2020年9月16日午後9時26分、首相官邸

 19世紀後半、ドイツ帝国で辣腕をふるい、「鉄血宰相」と称されたビスマルクは数々の名言を残している。そのなかのひとつに「ビスマルクのマント」がある。私にとって、学生時代から忘れられない言葉である。

 話の大略を示そう。

「ビスマルクのマント」とは

 政治家として打つ手打つ手が見事にあたるビスマルク。ドイツ統一を果たし、ヨーロッパ社会でも主導的な役割を果たしていた。あるとき、部下が「どうして閣下は、最適な判断や行動ができるのですか」とたずねると、こんな趣旨の返答をしたという。

 ――誰の傍らも、多くの「運命のマント」が通り過ぎていく。そのなかで最も必要なマントの裾をちょっとつかむだけで、状況は大きく変転して望む方向に進むものだ。

 凡人は、あるいは運のない人は、つかむ必要のない、あるいはつかんではいけないマントの裾をつかんでしまう。だから、うまくいかないし、大失敗もする。ビスマルクはそうではなかった。つかむべき運命のマントをその手で的確につかんだ。

 おそらく、運命のマントが見えるのは、確かな目標や志を持った人だけなのだろう。

 この話のことがずっと頭にあった私は、20年ほど前のテレビ番組で、学生たちに送る言葉として「チャンスは黙って通り過ぎる」とパネルに書いた。意味するところは、「ビスマルクのマント」と同じである。それから10年ほど経ち、私のこの言葉によって人生が大きく変わったという人から、感謝の気持ちを伝えられ驚いたのを覚えている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る