メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「子どもをいじめる国家権力」であり続けるのか? 菅政権に問われていること

朝鮮学校生への「経済制裁」を撤回せよ

松下秀雄 「論座」編集長

障がいのある人たちの連帯表明

 「アイたちの学校」のオンライン上映会が、9月27日に予定されている。コロナ禍さえなければ

・・・ログインして読む
(残り:約1263文字/本文:約3502文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松下秀雄

松下秀雄(まつした・ひでお) 「論座」編集長

1964年、大阪生まれ。89年、朝日新聞社に入社。政治部で首相官邸、与党、野党、外務省、財務省などを担当し、デスクや論説委員、編集委員を経て、2020年4月から言論サイト「論座」副編集長、10月から編集長。女性や若者、様々なマイノリティーの政治参加や、憲法、憲法改正国民投票などに関心をもち、取材・執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

松下秀雄の記事

もっと見る