メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

高齢者を孤絶させるコロナ禍社会の悲劇

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大千里ニュータウン内の公園で毎朝行われているラジオ体操。マスク姿の高齢者たちが体を動かしていた=2020年5月9日、大阪府豊中市、柳谷政人撮影

 コロナ禍の中で高齢者が窒息気味だ。この先大丈夫か。

 感染が終息気味だという。専門家はなぜ終息しつつあるか、その原因がわからないという。経済との両立でこれだけ人が街に繰り出している。3密回避はどこへ行ったやら、どこもかしこも人で混雑だ。それにもかかわらず、マスク着用と手洗いで、感染の勢いが止まったというのか。見れば、若年層はコロナなど気にも留めないかのようだ。

 都心はいざ知らず東京近郊のレストランともなれば、週末は若年層でごった返す。店にもよるだろうが、個性的な、ちょっとしゃれたレストランなら若い女性客で満杯だ。ぎっしりと互いに間隔も開けず密接する席で、マスクなしに2時間、3時間と飽くことなくおしゃべりし続ける姿を見ると、これでは感染必至と早々に店を立ち去らざるを得ないが、そういうところでクラスターが発生したとはつゆ聞かない。3密回避はどうなったのか。

 そういう中、感染防止に神経をすり減らしているのが高齢者だ。何せ、重症化率が高い。抵抗力は低下気味で、もし感染すればどうなるかわからない。慎重に慎重を重ねるに越したことはない。

 かくて、緊急事態宣言が明け、世が経済との両立に向かい始め、Go Toが横行し、シルバーウィークで全国に人の往来が氾濫してなお、この層はひたすら自宅待機を続ける。さしたる趣味もない。年一回の旅行だけが楽しみだった。一日何もすることがないが、夕方近所のスポーツクラブに行き、仲間と取り留めのない会話をすることだけが楽しみだった。数カ月に一回、皆でカラオケに行き、ワイワイすることだけが息抜きだった。その全てが今、日程から消えた。ひたすら自粛だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

花田吉隆の記事

もっと見る