メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

政治は動かなかった。「令和臨調」で改革を動かそう

政権交代、首相交代……。松井孝治が思うこと(上)

松井孝治 慶應義塾大学教授・元官房副長官・創発プラットフォーム理事

政府機構は「建て増しを重ねた温泉旅館」

 今回のコロナ禍で、私自身、政治や行政の課題を再認識させられました。

 赤ちゃんからお年寄りまで、全員に10万円の特別定額給付金を配ることが、2カ月も3カ月もかかってできない政府って何なんでしょう。国民からまったく遠い存在に

・・・ログインして読む
(残り:約2755文字/本文:約4908文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松井孝治

松井孝治(まつい・こうじ) 慶應義塾大学教授・元官房副長官・創発プラットフォーム理事

 1960年生まれ。83年に旧通商産業省に入省。内閣官房に出向して首相演説の原稿を執筆し、行政改革会議で「橋本行革」の事務局を務める。2001年から12年まで参議院議員(民主党)を2期務め、鳩山内閣の内閣官房副長官、参議院内閣委員長、民主党筆頭副幹事長などを歴任する。現在は慶應義塾大学総合政策学部教授、一般財団法人「創発プラットフォーム」理事兼主幹研究員。著書に『この国のかたちを変える』『総理の原稿――新しい政治の言葉を模索した266日』。

松井孝治の記事

もっと見る