メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ポストコロナの新しいモード「働く者ファースト」の社会に向かって

神津里季生・山口二郎の往復書簡(11)「雇用と生活保障のセーフティネット」確立を

神津里季生 連合会長

拡大立憲民主党の結党大会で党執行部らと手を振る枝野幸男代表(中央右)。左端は泉健太政調会長=2020年9月15日、東京都港区

往復書簡・コロナ危機と政治 神津里季生・山口二郎

 先日の山口二郎先生からの書簡(「今までの政党合併とは明らかに違う新『立憲民主党』の結党」)では、合流新党と連合との関りについて肯定的かつ積極的な評価をいただきました。「合流新党は100点満点で90点」との記述もありました。正直言って、この数カ月のえも言われぬ苦労が「心身をすり減らす」ものであっただけに、ひととき気持ちがなごむという久しぶりの感覚を得ることができました。

 しかし、率直に言って「100点満点で90点」は、私自身の立場における今の実感とはちょっと違うという冷めた感覚もぬぐえません。

 もちろん先生の採点は、“お世辞”といったものでないことは理解しておりますし、書簡全体の文意を疑うような失礼な気持ちは毛頭ありません。ただ、90点であれば得られているはずのスッキリ感を、私自身がどうしても持ち得ないのです。それは、取れなかった10点の意味が、現時点では「たった10点」ということとは異なっているからなのです。

政治の世界のこだわりと民意とのギャップ

 先生には、私の言わんとするところは、おわかりいただけると思います。テストでいうならば、他の設問には苦労して頭をひねり、なんとか回答できたのに、得意分野と思い込んでいた問題がどうしても解けない。想定外の時間延長もあったのに、それでも解けない。結局、最後は時間切れで、不本意な答案用紙を提出せざるを得なかった。得意と思っていたのは私の思い過ごしであった。今回起きたのは、そういうことでした。

 それでも、私だけが悄然(しょうぜん)として済むのであれば、それはそれで構いません。そんなことは人生でいくらでもあったことですから。しかし問題は、100点であれば得られたであろう、「政治構造」の変化への期待感が、今のところ、政治をよく知る一部の方々にとどまってしまっているということこそが、なによりの痛恨事なのです。たった10点の違いで、今回の一連の事柄の世の中への見え方が、大きく変わってしまった。

 もともと私は、世の中の大半の有権者にとっては、立憲民主党も国民民主党もたいして違う存在とは受け取られていなかったと思っています。最大の特徴は、同じ民主党だったはずなのにお互いの仲が悪いということ。そして両党の支持率の違いは、世論調査の設問でいつも先に聞かれる党名だから、立憲民主党の方が高く出るだけ。親しいメディアの人に、この説を聞いてみたら、当たらずと言えども遠からずという反応でした。

 いろいろと騒いでいたが、終わってみればなんのことはない。二つの党は党名も代表も変わっていないではないか。やっぱり野党は変わっていないな――。世の中には、そんな見方が残ってしまっています。政治の世界のこだわりと民意との間のギャップはいかんともしがたい。それが、痛恨の90点と言わざるを得ない所以(ゆえん)です。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

神津里季生

神津里季生(こうづ・りきお) 連合会長

1956年東京都生まれ。東京大学教養学部卒。在学時は野球部マネジャー。79年、新日本製鐵に入社。84年に本社労働組合執行委員となり、専従役員の活動を始める。外務省と民間の人事交流で90年より3年間、在タイ日本大使館に勤務。その後、新日鐡労連会長、基幹労連中央執行委員長などを経て、2013年に連合会事務局長に就任、15年より同会長。近著に「神津式労働問題のレッスン」。

神津里季生の記事

もっと見る