メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

〈哀悼〉パリで大成功した高田賢三に日本政府は冷たかった

無名で渡仏し才能を見いだされた不器用な青年の心は最後まで「あくまでも日本人」

山口 昌子 在仏ジャーナリスト

官房長官は哀悼の意を表したが……

 賢三の訃報に対し、加藤勝信官房長官は5日の記者会見で、「大変残念だ。わが国の文化芸術の発信を進めてきた」と哀悼の意を表した。

 だが、これはバシュロ仏文化相の談話に遅れること半日。さらにフランスでは、エリゼ宮(仏大統領府)が6日に長文の声明を発表。「彼は日本のデザイナーの中でもっとも有名で、フランスでも同様だった」と讃(たた)え、「7人兄妹の5番目」など履歴やパリに店を構えて以来の業績を詳細に記述。「KENZOは大胆とエレガントという二つの言葉、すなわちスタイルの力強さと、好んで使用したひなげしの花のモチーフが象徴する繊細さを柱にした」と指摘したうえで、「大統領と大統領夫人が彼の豊かなカラーとシルエットの自由さという創造性に敬意を表すると同時に、家族と近親者、仕事を共にした人たちに哀悼の意を捧げる」とした。

 こうしたフランスの対応を見るにつけ、日本政府は官房長官の発言ほどには、賢三を評価していなかったのではないかという気がしてならない。

 ふと、賢三が1999年4月の春の叙勲で「紫綬褒章」を受章したとき、「日本では忘れられたと思っていたから嬉しかった」と述べていたのを思い出した。デザイナーの中に文化勲章受章者がいるのを考えると、賢三の「紫綬褒章」は妥当なのかどうか。日本の勲章制度、受章者の選択の仕組みはどうなっているのか、と疑義を呈したくなる。

 構造主義の哲学者で人類学者のレビィ・ストロースが、93年春の外国人叙勲で勲二等旭日重光章を受章した際、同時受章のフランス人経済人が勲一等だったことも思い出す。関係者は「日本との関係を重視した」と説明し、この経済人が日仏経済関係の会長か何かの重職についていたことを挙げた。

 この関係者は多分、レヴィ・ストロースの名前もほとんど知らず、ましてや著作を読んだことも、「悲しき熱帯」が日本をはじめ世界的ベストセラーだったことも知らず、日本人はもとより世界に与えた知的興奮などにも疎かったに違いない。

拡大ケンゾー2000年春夏コレクションのフィナーレ =1999年10月7日、パリ

無名でパリにやってきた口下手のKENZO

 パリの名物のひとつである「パリコレ」(コロナで今年は変則的になったが、通常年4回、オートクチュール=高級仕立服とプレタ・ポルテ=高級既製服の春夏と秋冬のショー)に登場した日本人デザイナーも、パリに店を構えているデザイナーもいる。だが、彼らは日本で名を挙げた後、パリに進出した。失礼ながら、「パリコレに出品」「パリに店がある」ということが一種のPRに過ぎない人もいる。日本では大御所でも、パリの店は閑古鳥が鳴き、引き上げた例もある。

 KENZOがこうした日本人デザイナーと異なるのは、無名でパリにやってきて、ゼロから出発した点だ。

・・・ログインして読む
(残り:約2906文字/本文:約5027文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在仏ジャーナリスト

元新聞社パリ支局長。1994年度のボーン上田記念国際記者賞受賞。著書に『大統領府から読むフランス300年史』『パリの福澤諭吉』『ココ・シャネルの真実』『ドゴールのいるフランス』『フランス人の不思議な頭の中』『原発大国フランスからの警告』『フランス流テロとの戦い方』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山口 昌子の記事

もっと見る