メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ危機で「新しい生活様式」を上から押しつけられないためのヒント

オーケストラのあり方から見えたポストコロナの「個」「市民社会」「国家」の関係

倉持麟太郎 弁護士

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、社会全体が不安にさいなまれていた頃、安倍晋三前総理によって提唱された「新しい生活様式」。皆さんはもう、それを遂行し、慣れてきているだろうか。

 「Go To キャンペーン」のもと、用心しながら旅をしたり、食事をしたり。仕事も、会社に行かず、自宅でパソコンに向き合うリモートワークに。私たちの生活は、確かに変わりつつある。「ソーシャルディスタンス」が社会の至るところに持ち込まれ、運動会には2メートルのバトンをつなぐリレーも登場したとか。のけぞるばかりである。

拡大運動会の練習風景。運動場に置かれた水筒からも児童らが「ソーシャルディスタンス」を意識していることがうかがえる=2020年9月28日、名古屋市瑞穂区

市民社会がじわじわ変わることへの漠然とした危惧

 命を守るため、コロナ後の世界で生きるために必要だといわれ、なんとなく「新しい生活様式」を実践する私たち。だが私は、市民社会が曖昧(あいまい)かつ混沌(こんとん)としたなかでじわじわ変わっていくことに、漠然とした危惧を覚えざるを得ない。

 コロナ禍における「新しい生活様式」とは何なのか。空気に流されず、自分で考えるために役立ついくつかの“スパイス”を、本稿では紹介したい。

 具体的には、ヨーロッパでのオーケストラ芸術の取り組み、否、もっと近視眼的に“ある演奏”だったりする。

 拙著『リベラルの敵はリベラルにあり』でも、オーケストラ芸術や演奏家という「非政治」による政治的な実践を取り上げたが、オーケストラ芸術にとって、コロナ禍での「3密禁止」や「ソーシャルディスタンス」は存亡に関わる足かせだった。そのような“手足を縛られた”なかでのある演奏から、私はポストコロナにおける「個」と「市民社会」と「国家」のあり方を嗅ぎ取り、それらの関係性が目の前でバーチャル映像のごとく組み立てられていくような感覚を覚えた。

 そんな感覚を、読者の皆さんも以下の文章で是非、追体験してほしい。まずは、オーケストラという存在の「政治性」から始めよう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

倉持麟太郎

倉持麟太郎(くらもち・りんたろう) 弁護士

1983年、東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。弁護士法人Next代表弁護士・東京圏雇用労働相談センター(TECC)相談員として、ベンチャー支援、一般企業法務、「働き方」等について専門的に取り扱うも、東京MX「モーニングクロス」レギュラーコメンテーター、衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考人として意見陳述(2015年)等、企業法務実務の傍ら、憲法理論の実務的実践や政策形成過程への法律実務家の積極的関与について研究。共著に『2015年安保~国会の内と外で~』(岩波書店、2015)、『時代の正体2』(現代思潮新社、2016)。

倉持麟太郎の記事

もっと見る