メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

陸上空母離発着訓練の馬毛島移転計画があらわにした基地問題の本質

FCLP? 南西防衛? オスプレイ移転? 大義は見えず、民主主義も無視

山本章子 琉球大学准教授

 種子島にこの13年間、米軍が影を落とし続けている。ことのはじまりは2007年。種子島から約10キロ離れた馬毛島(鹿児島県西之表市)に、主に硫黄島で行われてきた米空母艦載機部隊の離発着訓練(FCLP)を移転する案が浮上したことだ。これは、前年の在日米軍再編で日米両政府がFCLP移転先の選定で合意したことにもとづく。

 FCLPとは戦闘機が陸上の滑走路で行う空母着艦の模擬訓練で、滑走路進入後ただちにエンジンを全開にして再離陸、急上昇をくり返すので、長時間にわたり耳をつんざく轟音(ごうおん)が発生する。しかも、夜間の海上で揺れている空母に安全に着艦できるよう、パイロット一人あたり45分間の夜間訓練を最低4回行う義務がある。約60機の戦闘機が空母出港前に集中的に行うFCLPは、日中から深夜3時頃まで延々と続く。

 馬毛島は無人島のため、FCLPの移転先として理想だとされた。だが、同島からは種子島、屋久島、大隅半島が一望できる。期間が限られるとはいえ、FCLP実施中は昼夜、離陸して旋回する戦闘機がそれらの島々をかすめて飛ぶことになろう。離発着時の騒音も種子島まで届く。

 そのため、FCLP馬毛島移転案が浮上すると、種子島の1市2町はみな反対を表明した。

拡大米軍訓練の移転や自衛隊基地の整備が計画されている無人島の馬毛島=2020年8月16日、鹿児島県西之表市、全日写連・二宮忠信さん撮影

FCLPの移転先をめぐる紆余曲折

 夜間のFCLPが社会問題になって久しい。具体的には、1973年に横須賀基地(神奈川県)が米空母の母港とされた頃から、三沢基地(青森県)と岩国飛行場(山口県)で夜間のFCLPが問題化した。そして1982年、厚木基地(神奈川県)で夜間のFCLPが始まると、周辺自治体は政府に対して訓練の移転を強く求めていく。さらに、周辺の都市化によって、厚木基地は明るすぎて夜間訓練に適さない、という米軍側の事情も出てきた。

 そこで政府は1985年、FCLPの三宅島への移転計画を発表したが、地元住民の強硬な反対で最終的に断念。暫定的な措置として1993年から、自衛隊基地のある無人島の硫黄島で、FCLPのほとんどが行われるようになる。

 ところが、2006年の在日米軍再編合意で、厚木基地にある空母艦載機部隊の拠点を岩国飛行場に移すことが決定すると、在日米軍は硫黄島が岩国から遠すぎることを問題視した。厚木から硫黄島まで約1200キロなのに対して、岩国から硫黄島までは約1400キロとなるからだ。

 2003年には、広島県沖美町長が無人島の大黒神島にFCLPを誘致する計画を発表したが、沖美町と合併協議中の2町や地元住民の反対で約1週間で撤回するという一幕もあった。

 そうしたなか、米軍は馬毛島への訓練移転を望むようになる。周辺に人口密集地がないことや、岩国から馬毛島までの移動中、航空自衛隊新田原基地(宮崎県)や海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県)に緊急着陸できることが理由だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山本章子

山本章子(やまもと・あきこ) 琉球大学准教授

1979年北海道生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。2020年4月から現職。著書に『米国と日米安保条約改定ー沖縄・基地・同盟』(吉田書店、2017年)、『米国アウトサイダー大統領ー世界を揺さぶる「異端」の政治家たち』(朝日選書、2017年)、『日米地位協定ー在日米軍と「同盟」の70年』(中公新書、2019年)など。

山本章子の記事

もっと見る