メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

パリ教員殺害テロ事件で「共和国の存在を賭けた闘い」に挑むマクロンの覚悟

「信教の自由」「表現の自由」という共和国の理念と現実との隔たりをどう埋めるのか

山口 昌子 パリ在住ジャーナリスト

 イスラム教過激派に感化されたとみられるチェチェンからの難民によるフランス人教員の殺害テロ事件は、フランス共和国の国是「自由、平等、博愛(連帯)」はもとより、「非宗教(信教の自由)」や「表現の自由」といったフランス憲法に明記される「共和国としての理念」と現実との隔たりを、まざまざと見せつけた。

 この隔たりをどうすれば縮められるのか。フランス人は今、必死でこの永遠の命題に取り組んでいるようにみえる。

拡大パリ北西部コンフランサントノリヌで16日夜、殺害された教員が勤務していた中学校前で報道陣に語るマクロン大統領=2020年10月16日、AP

ソルボンヌ大学でおこなわれた国民葬

 惨殺されたのは、パリ郊外コンフラン・サントノリヌの公立中学の哲学・歴史の教員、サミュエル・パティさん(47)。マクロン大統領は10月21日夕、パティさんの国民葬を、「啓蒙と教育」の象徴であるパリ・ソルボンヌ大学の中庭で主宰した。ここには、細菌学の祖ルイ・パスツール、そして文豪、というより共和主義の具現者であり政治家でもあったヴィクトル・ユゴーの銅像が立っている。

 パティさんにはフランスの最高勲章であるレジョン・ドヌールのシュバリエ章が授与され、大統領が遺族の承諾のもと、長文の追悼文を読み上げた。パティさんが「教育者」として、生徒たちに「(仏共和国の)市民になり、市民の義務を果たし、自由を実施することを教えた」と述べ、教育者として、そしてフランス共和国の良き市民として、お手本だったことを強調した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) パリ在住ジャーナリスト

元新聞社パリ支局長。1994年度のボーン上田記念国際記者賞受賞。著書に『大統領府から読むフランス300年史』『パリの福澤諭吉』『ココ・シャネルの真実』『ドゴールのいるフランス』『フランス人の不思議な頭の中』『原発大国フランスからの警告』『フランス流テロとの戦い方』など。

山口 昌子の記事

もっと見る