メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

緊急事態宣言下のフランスで行政裁判所がフル稼働したワケ

自由が制約される場合の裁判所の役割について考える【1】

金塚彩乃 弁護士・フランス共和国弁護士

感染再拡大で感じたパリの寂しさ

拡大パリの夜=2020年10月13日、 金塚彩乃撮影
 とはいえ、いったん落ち着いたかに見えた感染者が増加した事実は重い。私は10月11日から16日にかけてパリに出張に行っていたが、重い空気をまざまざと感じてきた。

 パリの人々は皆マスクをつけていたが、それがなければ一見、街には活気が戻り、元の生活に戻ったように見えてはいた。だがよく見ると、観光客はおらず、バーは閉鎖が命じられ、光が足りない夜のパリの光景に、私は何とも言えない寂しい気分にとらえられた。

 そんななか、マクロン大統領が14日に何かを発表するらしいということで、前日の13日から人々はそわそわしていた。16日(金曜)の夜からフランス全土で秋休み(万聖節の休み)に入ることから、その前に何らかの厳しい発表が政府からなされるのではないかと予想されていたからだ。タクシーの女性運転手は「業界内では外出禁止令が発令されるとうわさされていて、生活が不安で仕方がない」と話していた。

拡大閑散としたパリの夜=2020年10月13日、 金塚彩乃撮影
 14日午後8時の大統領のテレビ出演の前から、大方の予想どおり夜間外出禁止令がでるという情報が流れた。はたして大統領は外出禁止令の発出を告知するとともに、補助金などの救済策を準備していると発表した。厳しいロックダウンを経験したフランス人にとって、初体験だった3月に比べれば衝撃は少なかったと思うが、再度の自由の制約に人々はうんざりし、飲食店は今後の経営についての不安に駆られただろう。

 ところで、夜間の外出禁止令は、フランス語ではcouvre-feuという。文字通り訳すと「火を覆うこと」である。イングランドを征服したウィリアム征服王が11世紀に命じたものだというが、火事を避けるために竈(かまど)や暖炉の火を、一定の時間に消すことを意味する。後年、一定の脅威(火事や暴力)の蔓延を抑えるための自由の制約という意味が残り、夜間の外出禁止命令を指すようになったという。

 couvre-feuは第二次世界大戦でフランスを占領していたドイツ軍が多用し、その後はアルジェリア戦争の混乱期にフランスでも使われるようになった。戦争のイメージがついて回るが、マクロン大統領が当初よりコロナとの闘いは「戦争だ」と言ってきたことと、平仄が合っているようにも見える。

仏国務院の連続セミナーのテーマは緊急事態

 マクロン大統領が外出禁止令の発令を予告した10月14日は、たまたまフランスの行政裁判所の最高裁でもあり、また政府の諮問機関であるコンセイユデタ(国務院、1799年にナポレオンにより創設)において、緊急事態をテーマにした来年6月まで続く全4回の連続セミナーの第一回目が開催されていた。

 コンセイユデタはフランスの最高の頭脳を集めた最高峰のエリート機関である。政府提出法案は国会に提出される前に必ずコンセイユデタの意見を得なければならず、コンセイユデタは政府提出法案に相当切り込んで、適法性・憲法適合性に関して意見を述べる。多くの場合政府提出法案はこの時点で修正が行われる。

 また、行政最高裁として「人権の砦」としての役割を担い、数多くの行政行為(その中には政府の出す政令等も含まれる)について無効判決を出し、国家権力は濫用されるという根本的視点のもと、救済を行っている。行政機関の一翼を担いながら、行政権に対して冷徹な視点を持ち続けることは、残念ながら、我が国からは想像しにくい。

 そのようなコンセイユデタが企画したセミナー一回目のテーマは「緊急事態:何を行うために?」であった。

・・・ログインして読む
(残り:約4245文字/本文:約6339文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金塚彩乃

金塚彩乃(かねづか・あやの) 弁護士・フランス共和国弁護士

弁護士(第二東京弁護士会)・フランス共和国弁護士(パリ弁護士会) 中学・高校をフランス・パリの現地校で過ごし、東京大学法学部卒業後、弁護士登録。再度、渡仏し、パリ第2大学法学部でビジネスローを学び、パリ弁護士会登録。日仏の資格を持つ数少ない弁護士として、フランスにかかわる企業法務全般及び訴訟案件を手掛ける。2013年より慶應義塾大学法科大学院でフランス公法(憲法)を教える。2013年、フランス国家功労賞シュバリエを叙勲。

金塚彩乃の記事

もっと見る